本文

下呂市の概況

更新日:2012年7月26日このページを印刷する

 位置と地勢

 下呂市は、岐阜県の中東部に位置し、北は高山市、南は加茂郡、西は郡上市、関市、東は中津川市と長野県に接しています。

 ほぼ中央を飛騨川が南へ流れ、西には馬瀬川があり、周囲には霊峰御嶽山をはじめ一千メートルを越える急峻な山々がそびえ、飛騨木曽川国定公園や県立自然公園なども位置する自然豊かな地域です。

 また、飛騨川に沿って国道41号やJR高山本線が通り、横断する形で国道256号、257号が通じています。

 

下呂市の概況

 

 総面積

 851.21平方キロメートル 

 山林が全体の約9割を占め、河川に沿った平坦地とゆるやかな斜面を利用して、農業地、商業地、住宅地などが混在しています。地目別では森林(91.05%)、農用地(1..50%)、宅地(0.90%)、道路他(6.55%)となっています。

 

 標高 最高 3,052.6メートル  最低 220メートル

 

 (下呂市役所下呂庁舎の位置)

 【経緯度】東経137°14'49"

       北緯 35°48'09"

 【標  高】365.7m

 

 沿革

 下呂市は平成16年3月1日に旧益田郡の 萩原町小坂町下呂町金山町馬瀬村 の5町村が合併して誕生しました。

この情報はお役に立ちましたか?

より良いホームページにするために皆様のご意見をお聞かせください。

このページの情報は役に立ちましたか。
   
このページは見つけやすかったですか。
   
このページにはどのようにしてたどり着きましたか。
       

このページについてのお問い合わせ

 メールでのお問い合わせ