本文

下呂市創生セミナーを開催しました(未来小町プロジェクト)

更新日:2015年11月9日このページを印刷する

平成27年11月6日(金曜日)、釜石リージョナルコーディネーターの手塚さや香さんを講師に招き、「下呂市創生セミナー」を開催し、約50名の方が参加しました。

第一部として、講師の手塚さや香さんより、「U Iターン・外部人材が活きるまちづくりに向かって 挑戦する被災地・釜石」をテーマにご講演いただきました。「岩手移住計画」に基づく移住者へのサポート・交流促進や、若者がまちづくりで行動する「釜石○○会議」についてなど、移住定住、若者の活躍促進への積極的な取り組みについて分かりやすく説明がありました。

引き続き第二部として、「若者が活躍できるまちって?」をテーマにパネルディスカッションを行いました。コーディネーターは、下呂市まち・ひと・しごと創生総合戦略推進委員でもあるNPO法人サン・はぎわら副理事長の青木幸美さん、パネリストには、講師の手塚さん、下呂市地域おこし協力隊員(上原地域)の中桐由紀子さん、下呂市地域おこし協力隊員(馬瀬地域)の小川智哉さん。若者が活躍できるまちづくりや市の課題について意見交換をし、各パネリストから「つなげる力と広がる力」、「掛け合わす」「若者を知る」というキーワードの発表がありました。

受講者からは「これからは下呂市が行動するとき」、「若者が活躍し夢がもてるまちにしたい」という声を多数聞くことができ、大変有意義なセミナーとなりました。

本セミナーは女性モニタープロジェクトの一環として開催しました。「未来小町」と称する下呂市創生女性モニター会議では、市内在住20から40歳代の女性15名が参加し、下呂市における子育て環境や若者が活躍できるまちについてなど、様々なテーマで意見交換をしています。

 

講師の手塚さや香さんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

セミナー会場の様子です。約50名の方が参加されました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

パネルディスカションの様子です。若者が活躍できるまちについて意見交換をしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

パネルディスカションで、各パネリストから若者が活躍できるまちへのキーワードが発表されました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

下呂市創生女性モニターは15名で、下呂市における子育て環境や、若者の活躍推進などについて、意見交換しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

未来小町ロゴ

この情報はお役に立ちましたか?

より良いホームページにするために皆様のご意見をお聞かせください。

このページの情報は役に立ちましたか。
   
このページは見つけやすかったですか。
   
このページにはどのようにしてたどり着きましたか。
       

このページについてのお問い合わせ

[ 企画課 ]
〒509-2295 下呂市森960番地  Tel:0576-24-2222 Fax:0576-25-3250 メールでのお問い合わせ