ページの先頭です
下呂に住んでみんかな!

ホーム > 下呂でくらす > 下呂市の概要


本文

下呂市の概要

更新日:2018年1月29日このページを印刷する

下呂市について

 日本三名泉としても有名な下呂温泉をもつ地域ですが、日本で最も美しい村連合に加盟している馬瀬、滝と森に囲まれた小坂など、魅力は温泉だけではありません。飛騨地域のなかでも特に水との関わりが多い地域であり、その中でも夏の美しさはとびきりです。雪どけの水が山から湧き出て小川になり、時期になると鮎釣りをする人々で水辺がにぎわいます。これら豊かな自然に囲まれ、受け継がれてきた文化や伝統、人と人との温かいつながりなど多くの宝物に恵まれています。

また、まちの中心にある温泉は、地元の人も気軽に利用することが多く、まさに温泉の町として栄えてきた歴史を感じられるはずです。飛騨地域の中では比較的温暖な気候なので、寒い冬が苦手という方にもおすすめです。まずは温泉につかりながら、これからの暮らしについて考えてみませんか。

 

位置と地勢

下呂市は、岐阜県の中東部に位置し、北は高山市、南は加茂郡、西は郡上市、関市、東は中津川市と長野県に接しています。

  ほぼ中央を飛騨川が南へ流れ、西には馬瀬川があり、周囲には霊峰御嶽山をはじめ一千メートルを越える急峻な山々がそびえ、飛騨木曽川国定公園や県立自然公園なども位置する自然豊かな地域です。

 また、飛騨川に沿って国道41号やJR高山本線が通り、横断する形で国道256号、257号が通じています。

総面積 851.21平方キロメートル 

 山林が全体の約9割を占め、河川に沿った平坦地とゆるやかな斜面を利用して、農業地、商業地、住宅地などが混在しています。地目別では森林(91.05%)、農用地(1.50%)、宅地(0.90%)、道路他(6.55%)となっています。

標高 最高 3,052.6メートル  最低 220メートル

 

沿革

 下呂市は平成16年3月1日に旧益田郡の 萩原町 、 小坂町 、 下呂町 、 金山町 、 馬瀬村 の5町村が合併して誕生しました。現在、合併前の旧町村である5地域には、それぞれ振興事務所が設置され、身近な行政機能を担っています。

 

 

この情報はお役に立ちましたか?

より良いホームページにするために皆様のご意見をお聞かせください。

このページの情報は役に立ちましたか。
   
このページは見つけやすかったですか。
   
このページにはどのようにしてたどり着きましたか。