本文

改元に伴う公文書の元号の取扱いについて

更新日:2019年4月23日このページを印刷する

下呂市の公文書における日付の表記については、従来からの慣行として和暦を用いて「元号」を使用しています。改元に伴う公文書の元号の取扱いについて、次のとおりとなっておりますので、お知らせいたします。

年の表記

・4月30日までに作成される公文書の中で、5月1日以降の日付を表示する場合は「平成」を用います。

・5月1日以降に作成する公文書では「令和」を用います。

年度の表記

・4月30日までは、「平成31年度」と、5月1日以降は「令和元年度」と表記します。

※システム改修が必要なものなど、5月1日以降も「平成31年度」と表記している場合もありますので、ご了承ください。

「平成」を用いた公文書の扱い

・契約書や証明書などで、「平成」を用いて表記された期日などは、法律上の効果が変わることはありませんので、新元号の応当日に読み替えていただきますようお願いします。改元のみを理由として、同様の公文書を再発行いたしませんので、皆様のご理解とご協力をお願いいたします。

この情報はお役に立ちましたか?

より良いホームページにするために皆様のご意見をお聞かせください。

このページの情報は役に立ちましたか。
   
このページは見つけやすかったですか。
   
このページにはどのようにしてたどり着きましたか。
       

このページについてのお問い合わせ

[ 総務課 ]
〒509-2295 下呂市森960番地  Tel:0576-24-2222 Fax:0576-25-3250 メールでのお問い合わせ