本文

平成27年度決算の概要

更新日:2016年11月9日このページを印刷する

 一般会計の決算概要

 平成27年度の一般会計の決算額は、歳入が209億6,500万円、歳出が201億4,781万円で、翌年度へ繰り越すべき財源8,490万円を差し引いた実質収支は7億3,229万円の黒字となりました。
 
 平成27年度決算の特徴として、元気なまちづくりのため、補助事業を活用し道路橋りょう等のインフラ整備を積極的に行ったことから、歳入歳出ともに前年度より増額となりました。
 
 歳入は、前年度に比べ7億818万円の増額となりました。これは消費増税に伴う地方消費税交付金の増、地域活性化・地域住民生活等緊急支援交付金等による県支出金の増、公共事業基金の繰入れに伴う繰入金の増などによるものです。また、地方債はあさぎり体育館耐震補強事業の実施などに活用し、合併特例債が2億1,960万円の増となりましたが、辺地対策事業債が8,590万円の減、臨時財政対策債が9,400万円の減となり、地方債全体としては前年度とほぼ同額の8億4,020万円となりました。
 
 歳出は、前年度に比べ5億97万円の増額となりました。これは道路橋りょう等のインフラ整備に伴う普通建設事業費の増、市内消費喚起プレミアム商品券及び市内宿泊旅行者向けクーポン券発行事業の実施等による補助費の増、小川区大渕地区コミュニティ施設整備基金への積立てによる積立金の増などによるものです。 

  詳細については、別添ファイルをご覧下さい。 

 各会計の決算状況

 一般会計・特別会計

 区   分  歳入決算額  歳出決算額
 一 般 会 計  209億6,500万円  201億4,781万円
 国民健康保険(事業勘定)  48億6,365万円  44億7,149万円
 後期高齢者医療  4億6,160万円  4億5,177万円
 介護保険(サービス)  1億8,234万円  1億8,058万円
 介護保険(事業勘定)  35億9,893万円  34億1,089万円
 簡 易 水 道  9億8,222万円  9億4,497万円
 下  水  道  23億1,955万円  22億6,247万円
 国民健康保険(診療施設)  2億4,636万円  2億3,498万円
 下 呂 財 産 区  328万円  200万円
学 校 給 食 費 1億5,632万円 1億5,620万円
 特別会計 小計  128億1,425万円  121億1,535万円
 合 計  337億7,925万円  322億6,316万円

※額は千の位を四捨五入して万単位としていますので、合計と一致しない場合があります。

 公営企業

◇水道事業会計

 収益的収入  2億6,828万円
 資本的収入  9,146万円
 収益的支出  2億9,490万円
 資本的支出  1億3,579万円

 ◇下呂温泉合掌村事業会計

 収益的収入  2億7,677万円
 資本的収入     0万円
 収益的支出  2億6,288万円
 資本的支出  0万円

 ◇金山病院事業会計

 収益的収入  13億9,265万円
 資本的収入  4,837万円
 収益的支出  14億1,294万円
 資本的支出  8,464万円

 ※企業会計決算額は全て税込

 ※収益的支出には現金の支払いが伴わない減価償却費などが含まれるので、収支が赤字であっても必ずしも現金(資金)が不足しているということではありません。

 関連ファイルダウンロード

この情報はお役に立ちましたか?

より良いホームページにするために皆様のご意見をお聞かせください。

このページの情報は役に立ちましたか。
   
このページは見つけやすかったですか。
   
このページにはどのようにしてたどり着きましたか。
       

Adobe Readerダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください(無料)。

このページについてのお問い合わせ

[ 財政係 ]
 メールでのお問い合わせ