本文

下呂市「森と人の物語」プロジェクト木育ワークショップを開催しました

更新日:2016年12月12日このページを印刷する

【五感で学ぶ、木育の時間】

平成28年12月10日(土曜日)名城大学ナゴヤドーム前キャンパス(Shake)にて、名古屋市民の親子連れなど25名が参加し、名城大学谷田真研究室協力のもと、「森と人の物語」プロジェクト木育ワークショップを開催しました。

ワークショップでは、下呂の森で育った木を名古屋へと運び、「森のなりわい」について、NPO法人森のなりわい研究所代表伊藤栄一さんによる、五感を使って学ぶレクチャーと体験を通じて、「木」そして「森」への愛着を育んでほしいと考えています。

今回、来年度からの実施に向けたプレ開催として初めて一般公開しました。来年度以降、こうしたワークショップを継続実施していく中、商品開発などにも取り組んでいきます。

 

【森からはじまる、下呂と名古屋のものがたり】下呂市「森と人の物語」プロジェクトとは、地方創生の取り組みとして今年度スタートしました。下呂市と名古屋市が川結ばれた「ひとつながりのまち」との認識のもと、下呂の森からはじまる、下呂から名古屋、名古屋から下呂へと、こと・もの・ひとの行き来を目指したプロジェクトです。下呂市の木材を使用したワークショップを軸に、ものづくり森づかいを通じて、素材との新たな出会いで、下呂の楽しみ方を創造します。この取り組みを継続的に展開することで、「下呂と名古屋」、流域での「森と人」が有機的につながっていく、そんな未来を思い描いています。

 

受付

 

レクチャー

 

体験削り

 

体験磨く

 

体験磨く

 

コーヒーブレイク

 

参加者のみなさん

この情報はお役に立ちましたか?

より良いホームページにするために皆様のご意見をお聞かせください。

このページの情報は役に立ちましたか。
   
このページは見つけやすかったですか。
   
このページにはどのようにしてたどり着きましたか。
       

このページについてのお問い合わせ

[ 企画財政課 ]
〒509-2202 下呂市森960番地  Tel:0576-24-2222 Fax:0576-25-3250 メールでのお問い合わせ