本文

スローライフによるまちづくり

更新日:2014年6月18日このページを印刷する

 SLOW LIFE・・・
 下呂市では、「スローライフ」をキーワードに、魅力的で個性豊かなまちづくりに取り組んでいます。

 私たちは日々、自然からの恩恵に感謝し、四季の移ろいを感じながら、健康で生きがいのもてる、環境に配慮した「暮らしやすいまちづくり」、まさに「スローライフ」をめざしています。

  下呂市には、「下呂温泉」をはじめ、天然炭酸泉の湧き出る「湯屋温泉」など、市内各地に豊富な温泉があり、スローライフのキーワードともなる「癒し」の空間がここにあります。

 岐阜の宝物第一号に認定されている「小坂の滝」。
 自然の迫力を目の当たりに感じる「巌立峡」を拠点に、自然の心地良さを感じる場所として、市民の方はもちろん、多くの観光客の皆さまにお越しいただいております。

 「日本で最も美しい村連合」に加盟している下呂市馬瀬。自然と人々の営みにより、長い年月をかけて作り上げてきた、日本の原風景がここにあります。

 下呂市は農業も盛んです。
 丹精込めた作物を「収穫する喜び」を味わう。そんな充実した豊かな暮らしがここにあります。

 下呂市では新たな担い手農家を応援しており、地元の人々が大切にする習慣や食文化を守りながら、農林業と観光が結びついた「地産地消」の観光立市を目指しています。

 「食」を通してもスローライフを感じることができます。
 ファストフードの大量生産に対し、里山に自生する食材などを使い、手間ひまをかけて作る郷土料理。郷土の自然を感じながら五感を満たす。そんな楽しみが、下呂市には数多くあります。

 下呂市では「スローライフ」というスタイルがごく自然に生活の中に溶け込んでいます。
 夏は川で遊び、冬は雪の中で思いっきり遊びまわる。
 そんな子どもたちの笑顔が絶えない心豊かな暮らしが、これから30年後も引き継いでいけるよう、「スローライフによるまちづくり」をすすめ、市民ひとり一人が輝き、「ふるさとを感じる森と清流 人とまちが響きあう、健康と交流のまち」をめざしていきます。

 情報化がすすみ、高速型の生活スタイルが有意義とされる今日、この「スローライフ」という言葉や定義自体も、変貌をとげてきているのかもしれません。
 しかしながら、ここ下呂市では、今も昔も変わらぬ穏やかな空気が、ごく自然に、人々の暮らしに流れています。
 下呂市では、こういった「癒しの空間」を、皆さまに提供していけたらと考えております。

  御嶽山    小坂の滝

   下呂市郷土料理の朴葉寿司    下呂市特産品フルーツトマト

 

 ◆スローライフとは・・・
その原点になったのは、イタリア北部にあるブラという小さな町で生まれた「スローフード」運動です。ハンバーガーに代表されるようなファストフードの食事ではなく、地域ごとに受け継がれてきた地元の食生活を見直し、家族や友人との食事の時間を大切にしようという動きでした。この運動が西欧諸国において共感を得て、暮らしやまちづくりを見つめ直す運動に広まり、「スローライフ」という言葉が生まれました。
 この「スローライフ」、名前こそ目新しく映りますが、もともと私たち日本人がもっていた考え方で、「もったいない」とモノの命を大切に使い、食し、人や自然からの恩恵に感謝し、四季の移ろいを感じながら暮らす生活のことです。
 近年の流行りに「癒し」ブームがありました。この「癒し」は、いつも時間に追われていて、スケジュールが詰まっていないと不安を感じてしまう、そんな急ぎ足で暮らす私たちが、人間本来のリズムに合わせた、心地よいと感じる、五感を満たす要求でした。この「癒し」を一歩進めた言葉、それが「スローライフ」であると考えます。

関連情報リンク

スローライフまちづくり全国都市会議(スローライフサミット)別ウィンドウで開きます

この情報はお役に立ちましたか?

より良いホームページにするために皆様のご意見をお聞かせください。

このページの情報は役に立ちましたか。
   
このページは見つけやすかったですか。
   
このページにはどのようにしてたどり着きましたか。
       

このページについてのお問い合わせ

[ 市民活動推進課 ]
〒509-2295 下呂市森960番地  Tel:0576-24-2222 Fax:0576-25-3250 メールでのお問い合わせ