本文

手当・共済制度について

更新日:2014年3月14日このページを印刷する

 障がい者手当

 ◆特別児童扶養手当 

 身体や精神に障がいのある20歳未満の児童を監護・養育している方に手当を支給し、児童の福祉の増進を図るための制度です。

 

 《受給できる方》

 20歳未満で、政令に規定する障がいの状態にある児童を監護している父母(主として児童の生計を維持するいずれか一人)又は父母にかわって児童を養育(児童と同居し、監護し、生計を維持)する方に支給されます。
ただし、所得制限があります。また、次のような場合は、手当の受給(申請)が出来ませんので注意してください。

 (1)手当を受けようとする方又は児童が日本に住んでいないとき

 (2)児童が児童福祉施設(母子生活支援施設、保育所、通園施設を除く)に入所しているとき

 (3)児童が障がいを支給事由とする公的年金を受けることができるとき

 

 《手当の月額》

 1級(重度障害児) 50,050円 → (平成26年4月~ 49,900円

 2級(中度障害児) 33,330円 → (平成26年4月~ 33,230円

 

 《手当の申請をするには》

 認定請求書に戸籍謄(抄)本、世帯全員の住民票の写し、診断書(身体障がい者手帳所持者又は療育手帳所持者は診断書を省略できる場合があります。)及び手帳の写しを添えて福祉課又は最寄の福祉係窓口にご提出ください。

 ※認定請求書及び診断書の用紙は社会福祉課及び各地区福祉係窓口にあります。

 

 ◆特別障がい者手当

 身体又は精神に著しく重度の障害があるため、日常生活において常に特別の介護を必要とする20歳以上の方に支給します。

 

 《受給できる方》

 20歳以上の方で、おおむね、身体障がい者手帳1、2級、療育手帳A1及びA2の一部程度の障がい又はそれと同等の精神障がいが重複している方

 ただし、所得制限があります。また、次のような場合は、手当の受給(申請)が出来ませんので注意してください。

 (1)20歳未満の方
 (2)病院又は診療所に継続して3か月を超えて入院されているとき
 (3)施設等に入所されているとき

 

 《手当の額》

 月額 26,080円 → (平成26年4月~ 26,000円

 

 《手当の申請をするには》

 認定請求書、所得状況届、承諾書、診断書(身体障がい者手帳所持者又は療育手帳所持者は診断書を省略できる場合があります。)、年金(恩給)証書及び前年の収入の分かる書類(1~6月に申請する場合は前々年)を添えて社会福祉課又は最寄の福祉係窓口にご提出ください。

 ※認定請求書、所得状況届、承諾書及び診断書の用紙は社会福祉課及び各地区福祉係窓口にあります。

 

 ◆障害児福祉手当

 身体又は精神に著しく重度の障害があるため、日常生活において常に特別の介護を必要とする20歳未満の方に支給します。

 

 《受給できる方》

 20歳未満の方で、おおむね、身体障がい者手帳1、2級、療育手帳A1及びA2の一部程度の障がい又はそれと同等の精神障がいを有する方

 ただし、所得制限があります。また、次のような場合は、手当の受給(申請)が出来ませんので注意してください。

 (1)20歳以上の方
 (2)施設等に入所されているとき
 (3)当該障害を支給理由とする年金を受給されているとき

 

 《手当の額》

 月額 14,180円 → (平成26年4月~ 14,140円

 

 《手当の申請をするには》

 認定請求書、所得状況届、承諾書、診断書(身体障がい者手帳所持者又は療育手帳所持者は診断書を省略できる場合があります。)、年金証書及び前年の収入の分かる書類(1~6月に申請する場合は前々年)を添えて社会福祉課又は最寄の福祉係窓口にご提出ください。

 ※認定請求書、所得状況届、承諾書及び診断書の用紙は社会福祉課及び各地区福祉係窓口にあります。

 心身障がい者扶養共済制度

 心身障がい者(児)を扶養している保護者が、毎月掛金を納めることにより、保護者が死亡又は重度障害を負った場合、心身障がい者(児)に年金が支給されます。

 

 《加入資格》

 1~3級の身体障がい者手帳の所持者、療育手帳所持者及び精神又は身体にこれらと同程度の永続的障がいのある者の保護者であって、次の要件を満たしている方です。

 (1)岐阜県内に住所があること

 (2)65歳未満であること

 (3)特別の病気や障がいがなく、生命保険契約の対象となれること

 

 《掛金額》

 1口9,300円~23,300円(加入時の年齢により異なります。)

 ※2口まで加入できます。

 

 《年金額》

 加入者が死亡又は重度障がい者となったときは請求により毎月1口につき20,000円が支給されます。

 

 《加入するには》

 申込書、申込者告知書、障がい者の障害証明書及び加入者と障がい者の住民票の写しを社会福祉課又は最寄の福祉係窓口に提出してください。

 ※申込書、申込者告知書及び障害証明書は社会福祉課及び福祉係窓口にあります。

 

 《年金を請求するには(加入者が死亡した場合)》

 請求書、加入者の除籍抄本、死亡診断書、障がい者の戸籍抄本等を社会福祉課又は最寄の福祉係窓口に提出してください。

 ※請求書等は社会福祉課及び福祉係窓口にあります。

この情報はお役に立ちましたか?

より良いホームページにするために皆様のご意見をお聞かせください。

このページの情報は役に立ちましたか。
   
このページは見つけやすかったですか。
   
このページにはどのようにしてたどり着きましたか。
       

このページについてのお問い合わせ

[ 社会福祉課 ]
〒509-2517 下呂市萩原町萩原1166番地8  Tel:0576-52-3936 Fax:0576-52-3915 メールでのお問い合わせ