本文

運転免許取得費・自動車改造費等の助成について

更新日:2008年5月25日このページを印刷する

 自ら運転する場合は

 ◆運転免許取得費を助成します

 運転免許を取得することにより行動範囲を拡大し就労等社会参加につなげていただくため、 免許取得費用の一部を助成します。

 

 《対象者》

 市内に住所を有し、身体障がい者手帳、療育手帳又は精神障がい者保健福祉手

 帳の交付を受けている方

 

 《助成金の額》

 免許取得費用の3分の2以内 (10万円を限度)

 

 《助成を受けるには》

 免許の交付日から3か月以内に次の書類をご用意いただき福祉課又は最寄の福祉係に申請してください。

 (1)下呂市運転免許取得費助成金交付申請書

 ※申請書は福祉課又は各地区福祉係窓口にあります。

 (2)手帳の写し

 (3)免許証の写し

 (4)自動車学校等の領収書

 

 ◆自動車改造費を助成します

 障がい者が自ら運転するために必要な自動車を改造するための費用を一部を助成します。

 

 《対象者》

 次の全ての用件に該当する方

 (1)市内に住所を有し、身体障がい者手帳、療育手帳又は精神障がい者保健福祉手帳の交付を受けている方

 (2)運転免許を有する方(当該年度内に運転免許を取得する方)

 ※免許証に「アクセル・ブレーキは手動式に限る」等の改造を必要とする条件が記されていること。

 (3)自ら運転するための自動車の走行装置、駆動装置等の改造を行う方

 (4)改造する自動車の所有者(使用者)が本人又は家族であること。

 (5)本人、配偶者及び生計中心者の所得が特別障がい者手当の所得制限限度額を超えない方

 

 《助成金の額》

 自動車を改造するための費用 (10万円を限度)

 

 《助成を受けるには》

 自動車の改造を行う前に次の書類をご用意いただき福祉課又は最寄の福祉係に申請してください。

 (1)自動車改造費助成金交付申請書

 ※申請書は福祉課又は各地区福祉係窓口にあります。

 (2)手帳の写し

 (3)改造箇所、経費の分かる見積書

 (4)運転免許証の写し(免許取得前の場合は不要)

 介助者が運転する場合は

 ◆介助用自動車を購入等する費用を助成します

 

 在宅の重度身体障がい者を介助する方の負担を軽減するため、障がい者が容易に乗り降りできる自動車を購入する経費又は既存の自動車を改造する経費の一部を助成します。

 ※既に改造された自動車を購入する場合の経費は、改造の無い同型車両との差額により算定します。

 

 《対象者》

 次の全てに該当する方又はその方と生計を同じくする方

 (1)身体障がい者手帳1~2級の下肢又は体幹機能障がいで、移動に車椅子を使用している障がい者がいる世帯

 (2)世帯の所得が特別障がい者手当の所得制限限度額を超えない世帯

 (3)5年以上この助成を受けていない世帯

 

 《助成金の額》

 対象経費の3分の2 (24万円を限度)

 

 《助成を受けるには》

 自動車の改造を行う前に次の書類をご用意いただき福祉課又は最寄の福祉係に申請してください。

 (1)下呂市障がい者福祉推進事業補助金交付申請書

 (2)事業実施計画書

 (3)経費の分かる見積書

 (4)購入する自動車のカタログ(メーカーの価格表を含む)

 ※(1)及び(2)は福祉課又は各地区福祉係窓口にあります。

この情報はお役に立ちましたか?

より良いホームページにするために皆様のご意見をお聞かせください。

このページの情報は役に立ちましたか。
   
このページは見つけやすかったですか。
   
このページにはどのようにしてたどり着きましたか。
       

このページについてのお問い合わせ

[ 社会福祉課 ]
〒509-2517 下呂市萩原町萩原1166番地8  Tel:0576-52-3936 Fax:0576-52-3915 メールでのお問い合わせ