本文

障がい福祉サービス(障がい者自立支援法)の利用手続き

更新日:2008年5月23日このページを印刷する

 申請からサービス開始までの流れ

 障がい者自立支援法における障がい福祉サービス(障がい者自立支援法)を受けたい場合は次のような手順となります。

 

 1.相談

 困ったことがある場合や、サービスを利用したい場合は、市役所か相談支援事 業所( 下呂市障がい者生活相談センター など )にご相談ください。

 そこで、利用したいサービスが決まったら市役所に申請します。

 

 2.調査

 申請を受け付けた後、市役所から認定調査員が訪問し、心身の状況や生活状況などについての質問をいたします。

 サービスによっては、かかりつけのお医者さんに意見書を書いてもらうこともあります。

 

 3.認定

 認定調査の結果を基に障害程度区分が決定されます。

 障害程度区分は1~6に分かれています。

 

 4.支給決定

 障害程度区分が決定した後、サービスの利用意向の確認をし、サービスの内容や支給量を決定します。受給者証が交付されます。

 

 5.契約

 交付された受給者証に記載されているサービス内容や量の範囲内でサービスを提供する事業者と契約をしてもらいます。

 

 6.サービス利用

 サービスは、事業者と契約した範囲内で利用計画に基づき提供してもらいます。

 サービスを利用した後は、事業者に利用料をお支払していただきます。

 

 障害程度区分とは・・・障がい者に対する介護給付の必要度を表す6段階の区分              のことです。(区分1~6:区分6の方が介護の必要度が高いとされています。)

 

 (注)サービスの内容によっては、利用手続き方法が異なる場合がありますので、市役所か相談支援事業所にご確認ください。

 

   障がい福祉サービス(障がい者自立支援法)の内容に関する情報

 

この情報はお役に立ちましたか?

より良いホームページにするために皆様のご意見をお聞かせください。

このページの情報は役に立ちましたか。
   
このページは見つけやすかったですか。
   
このページにはどのようにしてたどり着きましたか。
       

このページについてのお問い合わせ

[ 社会福祉課 ]
〒509-2517 下呂市萩原町萩原1166番地8  Tel:0576-52-3936 Fax:0576-52-3915 メールでのお問い合わせ