本文

犬の放し飼いは、大変危険です

更新日:2012年4月1日このページを印刷する

 マナーを守り責任を持って飼いましょう

 最近、市内において犬の放し飼いの苦情迷い犬の連絡が、大変多く寄せられています。

 中には、そういった犬にかまれる事故まで発生しています。

犬の絵:放し飼いは大変危険です

 

 1.  犬の放し飼いは、「岐阜県動物の愛護及び管理に関する条例」で禁止されています。
 2.  犬は逃げないよう、しっかりつないでおき、敷地内から外に出ないようにしましょう。散歩をする時は、必ず引き綱をつけましょう。
 3.  飼い犬が人をかんだら、保健所に「飼い犬事故届出書」と獣医師による「狂犬病の鑑定書」の提出義務が発生し、被害者の方の治療費・慰謝料等の補償、場合によっては、訴訟に至ることもあります。

この情報はお役に立ちましたか?

より良いホームページにするために皆様のご意見をお聞かせください。

このページの情報は役に立ちましたか。
   
このページは見つけやすかったですか。
   
このページにはどのようにしてたどり着きましたか。
       

このページについてのお問い合わせ

[ 健康医療課 ]
〒509-2517 下呂市萩原町萩原1166番地8  Tel:0576-53-2101 Fax:0576-53-2102 メールでのお問い合わせ