本文

骨髄移植後のワクチン再接種費用を助成します

更新日:2020年2月26日このページを印刷する

 下呂市では、定期の予防接種で得た免疫が造血幹細胞の移植(骨髄移植)によって低下または消失したことにより、予防接種の再接種が必要になった人に対して、再接種に要する費用を助成します。

対象者

 次の要件をすべて満たす人

 (1) 市内に住所を有し、再接種を受ける日において20歳未満であること。

 (2) 定期予防接種で得た免疫が骨髄移植によって低下または消失したため、再接種が必要と医師が認めていること。

 (3) 接種済みの予防接種が、予防接種実施規則に基づいて行われていること。

助成金の額

  再接種費用として医療機関に支払った額を助成します。ただし、助成金の額には市の定める上限があります。

助成金の申請方法

1.助成対象の認定を受ける

 予防接種を再接種する前に次の書類を市に提出し、助成対象の認定を受けてください。認定の可否は後日郵送により通知されます。

 (1) 下呂市小児がん患者ワクチン再接種助成対象認定申請書(様式第1号)

 (2) 医師意見書(様式第2号)

 (3) 母子健康手帳など骨髄移植の前に受けた定期予防接種の履歴が確認できる書類の写し

2.予防接種を再接種する 

 市から助成対象の認定を受けた予防接種について、医療機関で再接種を受けてください。その際再接種費用は直接医療機関に支払ってください。なお再接種費用の領収書は助成金の交付申請に必要となります。

3.助成金の交付申請をする ※申請期限は、再接種を受けた日の属する年度の末日です。

 予防接種の再接種を受けた後、次の書類を市に提出してください。助成の可否は後日郵送により通知されます。

 (1) 下呂市小児がん患者ワクチン再接種費用助成金交付申請書(様式第5号)

 (2) 再接種費用の領収書

4.助成金の交付請求をする

 助成金の交付が決定した後、市に下呂市小児がん患者ワクチン再接種費用助成金交付請求書(様式第8号)を提出してください。

5.助成金が振り込まれる

 交付請求書に記載した口座に助成金が振り込まれます。

様式ダウンロード

医師意見書(様式第2号) [Wordファイル/20.67キロバイト]

この情報はお役に立ちましたか?

より良いホームページにするために皆様のご意見をお聞かせください。

このページの情報は役に立ちましたか。
   
このページは見つけやすかったですか。
   
このページにはどのようにしてたどり着きましたか。
       

このページについてのお問い合わせ

[ 健康医療課 ]
〒509-2517 下呂市萩原町萩原1166番地8  Tel:0576-53-2101 Fax:0576-53-2102 メールでのお問い合わせ