本文

異なるワクチン間の接種間隔の変更について

更新日:2020年9月30日このページを印刷する

令和2年10月1日より、異なるワクチン間の接種間隔が一部緩和されます

従来、異なるワクチン間の場合、接種してから次のワクチンを接種するまでに、一定の間隔をあける必要がありました。

この度、定期接種実施要領の改正に伴い、令和2年10月1日から、その制限が一部緩和されることになりました。

 (従来)

・生ワクチンを接種した場合、27日以上の間隔をあける

・不活化ワクチンを接種した場合、6日以上の間隔をあける

 (今後)

・注射の生ワクチン間の接種は、27日以上の間隔をあける

・その他のワクチンについては制限なし

改正後の接種間隔のイメージ [PDFファイル/419.20キロバイト]

各ワクチンの分類

◎注射生ワクチン

 ・BCG

 ・麻しん風しん混合(MR)

 ・水痘(水ぼうそう)

 ・おたふくかぜ

◎経口生ワクチン

 ・ロタウイルス

不活化ワクチン

 ・Hib(ヒブ)

 ・肺炎球菌

 ・B型肝炎

 ・四種混合(ジフテリア・百日咳・破傷風・ポリオ)

 ・二種混合(ジフテリア・破傷風)

 ・日本脳炎

 ・ヒトパピローマウイルス

 ・不活化ポリオ

 ・季節性インフルエンザ

 

同じ種類のワクチンを接種する場合の接種間隔

同じ接種のワクチンを複数回接種する場合の接種間隔は、従来どおり定められた接種間隔があります。

 (例)B型肝炎の場合

 ・1回目と2回目の接種間隔は、27日以上あける

 ・3回目は、1回目の接種から139日以上あける

 

この情報はお役に立ちましたか?

より良いホームページにするために皆様のご意見をお聞かせください。

このページの情報は役に立ちましたか。
   
このページは見つけやすかったですか。
   
このページにはどのようにしてたどり着きましたか。
       

Adobe Readerダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください(無料)。

このページについてのお問い合わせ

[ 健康医療課 ]
〒509-2517 下呂市萩原町萩原1166番地8  Tel:0576-53-2101 Fax:0576-53-2102 メールでのお問い合わせ