本文

農業基本構想

更新日:2011年12月21日このページを印刷する

「農業経営基盤の強化の促進に関する基本的な構想」(以下、基本構想)とは?

 農業経営基盤強化促進法(基盤強化法)では、市町村が、都道府県の策定する基本方針に即し、地域の実情を踏まえて当該市町村の農政推進のための目標を取りまとめるよう定めています。

 具体的には…
  (1)育成すべき農業経営の目標とすべき所得水準等の基本的考え方 
  (2)営農類型毎の育成すべき効率的かつ安定的な農業経営の指標(農業経営の規模、生産方式等)
  (3)こうした経営に集積すべき農用地の割合の目標

 などを定めています。

<基本構想の変更>

 本市では、平成18年8月に策定した「農業経営基盤強化促進基本構想」をもとに農業経営の基盤強化を進めてきましたが(平成22年6月法改正により一部変更)、社会変動に伴う本市の農業生産、農業構造等の今後の10年間を見通した農業の基本的な方向性を明らかにしていくことを目的として基本構想の変更を行いました。

 

関連ファイルダウンロード

基本構想-表紙~目次(PDF形式.106KB) [PDFファイル/108.50キロバイト]
基本構想-本文 [PDFファイル/628.73キロバイト]

この情報はお役に立ちましたか?

より良いホームページにするために皆様のご意見をお聞かせください。

このページの情報は役に立ちましたか。
   
このページは見つけやすかったですか。
   
このページにはどのようにしてたどり着きましたか。
       

Adobe Readerダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください(無料)。

このページについてのお問い合わせ

[ 農務課 ]
〒509-2592 下呂市萩原町羽根2605番地1  Tel:0576-53‐2010 メールでのお問い合わせ