本文

ギフチョウ観察会

  • 催事・イベント

更新日:2017年4月3日このページを印刷する

開催日

2017年4月8日~2017年4月8日

イベントについて

ギフチョウとは・・・

ギフチョウ

 ギフチョウは明治16年に現在の下呂市金山町祖師野にて、岐阜市の名和昆虫博物館初代館長名和靖(なわやすし)氏によって発見され、岐阜県にちなみギフチョウと命名されました。

 年1回、春先に姿を現すことから「春の女神」と呼ばれ珍重されています。

 ギフチョウは、金山町内各地で見られますが、金山町広瀬には保護地区を設け、ボランティアにより食草であるカンアオイの管理や、林内の整備などが行われ、この場所では毎年3月末から4月初めにかけて多くのギフチョウを見ることができます。

 例年4月にはボランティアによって生態観察会が開催されています。

2017年の観察会

 日にち  2017年4月8日(土曜日)
 時間  10時から12時(晴天時のみ開催)
 場所

 下呂市金山町広瀬 池の島公園

 国道256号線「広瀬」から馬瀬川を渡るとすぐ

 主催  池の島会 自然散策会 下呂市
 お問合せ先

 金山町観光協会 Tel:0576-32-3544 

          または080-3637-2201

 ※気温15℃の晴れた日が観測日和だそうです♪

 ギフチョウに関する詳細は 金山町観光協会ホームページ(外部リンク)別ウィンドウで開きます をご確認ください。

関連ファイルダウンロード

2017年ギフチョウ観測会 [PDFファイル/793.33キロバイト]

開催場所

この情報はお役に立ちましたか?

より良いホームページにするために皆様のご意見をお聞かせください。

このページの情報は役に立ちましたか。
   
このページは見つけやすかったですか。
   
このページにはどのようにしてたどり着きましたか。
       

このページについてのお問い合わせ

[ 観光課 ]
〒509-2202 下呂市森960番地  Tel:0576-24-2222 Fax:0576-25-3252