本文

責任共有制度とは、

更新日:2018年4月1日このページを印刷する

 保証協会と金融機関とが適切な責任共有を図り、両者が連携して、中小企業者の支援を行うことなどを目的として、平成19年10月1日に導入された制度です。

 制度の導入により、保証付融資について、金融機関も一定の責任を負担することとなっております。

 

 ◆責任共有制度の対象となる保証制度について

   原則として、すべての保証制度が責任共有制度の対象となります。

 

   なお、責任共有制度の対象外となる主な保証制度は次のとおりです。

 【責任共有制度の対象外となる主な保証制度】

 (1)経営安定関連保険(セーフティネット)1号,2号,3号,4号,6号にかかる保証

 (2)災害関係保険にかかる保証

 (3)創業関連保険(再挑戦支援保証含む)および創業等関連保険にかかる保証

 (4)特別小口保険にかかる保証

 (5)事業再生保険にかかる保証

 (6)小口零細企業保証制度

 (7)求償権消滅保証(ただし、流動資産担保融資保証(ABL保証)など、部分保

   証を要件とした、保険を利用した場合を除く。)

 (8)破綻金融機関等関連特別保証(中堅企業特別保証)

 (9)東日本大震災復興緊急保険にかかる保証

 (10)危機関連保証

この情報はお役に立ちましたか?

より良いホームページにするために皆様のご意見をお聞かせください。

このページの情報は役に立ちましたか。
   
このページは見つけやすかったですか。
   
このページにはどのようにしてたどり着きましたか。
       

このページについてのお問い合わせ

[ 商工課 ]
〒509-2295 下呂市森960番地  Tel:0576-24-2222 Fax:0576-25-3252