本文

社会資本総合整備計画及び事前評価の公表について

更新日:2019年6月20日このページを印刷する

社会資本整備総合交付金は、交通の安全の確保とその円滑化、経済基盤の強化、生活環境の保全、都市環境の改善及び国土の保全と開発並びに住生活の安定の確保及び向上といった政策目的を実現するため、地方公共団体が作成した社会資本総合整備計画に基づき、基幹的な社会資本整備事業のほか、関連する社会資本整備事業やソフト事業を総合的・一体的に実施するものです。

この交付金を活用して住宅・建築物の耐震化及び建築物の防災安全を推進するため、岐阜県にて県内全ての市町村を対象とした『第2期岐阜県建築物等安全ストック整備計画』を策定しましたのでお知らせします。

計画期間:平成28年度から平成32年度(5年間)

 

第2期岐阜県建築物等安全ストック整備計画 [PDFファイル/267.99キロバイト]

この情報はお役に立ちましたか?

より良いホームページにするために皆様のご意見をお聞かせください。

このページの情報は役に立ちましたか。
   
このページは見つけやすかったですか。
   
このページにはどのようにしてたどり着きましたか。
       

Adobe Readerダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください(無料)。

このページについてのお問い合わせ

[ 建築課 ]
〒509-2592 下呂市萩原町羽根2605番地1  Tel:0576-53‐2010 メールでのお問い合わせ