本文

『下呂市小学校及び中学校適正規模に関する報告書』がまとまりました

更新日:2013年5月30日このページを印刷する

 ~未来に生きる子どもたちの育ちのために~

 2008年に発生した中国の四川大地震や、東日本大震災の教訓を受け、文部科学省では全国の公立学校施設の耐震化を平成28年3月までに達成する方針を打ち出しました。下呂市ではこれを2年前倒し、平成26年3月までに達成することとしています。市内20校の小中学校においては、重要な安全・安心に対する目標が満たされることになります。

  しかし、子どもの数は減少し続けています。さらに進行していく少子化時代に備え、今の教育水準を低下させないための取り組みについて、私たちは真剣に考えていく必要があります。

  そこで平成23年12月、市教育委員会では、教育の専門家と保護者代表などから構成された「下呂市小中学校適正規模検討委員会」を設置しました。純粋に子どもたちの育ちのために、教育論を基調として、下呂市の現状と将来を見通した場合の「学校の適正規模」について活発な議論をしていただきました。

  今年3月、その報告書がまとめられました。下呂市と市教育委員会は、報告書で提言された内容を尊重しつつ、保護者の方々はもちろん、広く地域の方々にも、学校の在り方について幅広くご議論をいただき、ともに学校の適正規模について検討して参ります。

 

 ■報告書の内容

 報告書の柱

 1.小学校にあっては、1学年で1学級以上の規模が望ましい。

 2.中学校にあっては、1学年で複数の学級が編制される規模が望ましい。

 報告書の全文

 適正規模報告書

 (※下部の関連ファイルダウンロードから参照できます)

 参考資料

 児童生徒数推移(2013年5月1日現在)

 (※下部の関連ファイルダウンロードから参照できます)

 

 関連ファイルダウンロード

この情報はお役に立ちましたか?

より良いホームページにするために皆様のご意見をお聞かせください。

このページの情報は役に立ちましたか。
   
このページは見つけやすかったですか。
   
このページにはどのようにしてたどり着きましたか。
       

Adobe Readerダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください(無料)。

このページについてのお問い合わせ

[ 教育総務課 ]
〒509-2517 下呂市萩原町萩原1166番地8  Tel:0576-52-4800 Fax:0576-52-3166 メールでのお問い合わせ