本文

エゴマ新品種「飛騨小坂おんたけ1号」の育成とエゴマ新商品の開発について

更新日:2018年10月26日このページを印刷する

エゴマ新品種「飛騨小坂おんたけ1号」の育成とエゴマ新商品の開発について

下呂市は、県と協力して小坂地域の在来種の中から機能性成分を多く含み、収穫量が安定するなどの特性を有したエゴマを選抜し新品種として育成するとともに、地元の生産組合と連携してエゴマの新商品を開発しました。

【新品種名】

飛騨小坂おんたけ1号

【出願公表】

平成30年6月

※下呂市と岐阜県の共同育成品種 

 

【新商品名】

飛騨小坂のあぶらえ(ステック)

【商品の特徴】

地元産の在来エゴマを使用し、α-リノレン酸の摂取目安である3グラムを個包装したエゴマ油(ステックタイプ)となっています。

【販売問合せ先】

飛騨小坂あぶらえ生産組合

0576-62-3106

エゴマ油の新商品

この情報はお役に立ちましたか?

より良いホームページにするために皆様のご意見をお聞かせください。

このページの情報は役に立ちましたか。
   
このページは見つけやすかったですか。
   
このページにはどのようにしてたどり着きましたか。
       

このページについてのお問い合わせ

[ 小坂地域振興課 ]
〒509-3104 下呂市小坂町小坂町815番地5  Tel:0576-62-3111 Fax:0576-62-3116 メールでのお問い合わせ