本文

妊婦健診にかかる費用の助成について

更新日:2014年5月9日このページを印刷する

 お母さんとおなかの赤ちゃんの出産までをバックアップします!

 下呂市では、妊婦の皆さんの健康保持、母体異常の早期発見と早期治療、また健診にかかる費用の経済的な負担を軽減するため、国が望ましいと示す14回分の妊婦健診について、その費用の一部を助成しています。

 対象となる下呂市に住所を有する妊婦の方へは、公費助成を受けられる「妊婦健診受診票」を最大14枚交付いたします。

 この受診票をお使いいただけば、各受診票に定める検査を自己負担無しで受けることができます。

 

 ◇受診票の交付を受けることができる方

 下呂市に住所を有する方で、母子健康手帳の交付を受けた方

 

 ◇交付する受診票について

 交付枚数:最大で14枚

 妊婦の方が健診を受けられる医療機関によって、お配りする受診票の種類、検査内容や助成額が異なります。詳しくはお問合せください。

 

 ◇受診票を使用できる医療機関について

 県内の産科、および婦人科を持つ医療機関で使用することができますが、お配りする受診票の種類によって使用できる医療機関が決められています。詳しくは受診票交付の際、ご説明いたします。

 また、助産所や県外の医療機関でも受診された場合、かかった費用については、一旦全額自己負担となりますが、後日最寄りの保健センターで申請していただければ各受診票に定める助成額について払い戻しを受けることができます。

 

 医療機関を変更する場合は、交付した受診票を交換しなければならない場合があります。必ず事前に最寄りの保健センターにご相談ください。

 

 交付する受診票は『助成券』であり、『無料券』ではありません。

 追加した検査などで健診料が各受診票で定める助成額を上回る場合、その費用については、自己負担となりますのでご注意ください。

 

 

 妊婦健診の費用助成に関するお問い合わせ

 健康医療課  電話53-2101

 <萩原・馬瀬地域> 萩原保健センター  電話52-1230

 <小坂地域> 小坂保健センター  電話62-3443

 <下呂地域> 下呂保健センター  電話25-2680

 <金山地域> 金山保健センター  電話32-4500

この情報はお役に立ちましたか?

より良いホームページにするために皆様のご意見をお聞かせください。

このページの情報は役に立ちましたか。
   
このページは見つけやすかったですか。
   
このページにはどのようにしてたどり着きましたか。
       

このページについてのお問い合わせ

[ 健康医療課 ]
〒509-2517 下呂市萩原町萩原1166番地8  Tel:0576-53-2101 Fax:0576-53-2102 メールでのお問い合わせ