本文

母子父子寡婦福祉資金貸付金

更新日:2010年1月18日このページを印刷する

 母子家庭、父子家庭、寡婦の皆さんの経済的自立と生活の安定、子どもの健全育成を図るために、無利子又は低利子で各種資金の貸付を行っています。

  

 1.資金の種類

 事業開始資金  事業を始める際に必要とする設備、什器機器等の購入資金
 事業継続資金  現在営んでいる事業を継続するために必要な商品、材料等を購入する資金
 技能習得資金  自ら事業を開始し、または就職するために必要な知識、技能の資格を得るために必要な諸経費にあてる資金
 就職支度資金  就職するために直接必要な洋服、履物等を購入する資金
 住宅資金  住宅を増・改築、修繕及び購入するために必要な資金
 転宅資金  住居を移転するために必要な資金
 医療介護資金  保険料の自己負担および介護を受けるのに必要な資金
 生活資金  技能習得資金、医療資金を借り受けている期間、失業している期間、又は、母子家庭となって7年以内の者に生活費補給資金
 修学資金  高等学校及び大学に就学させるための授業料、書籍代、通学費等に必要な資金
 就学支度資金  小学校、中学校、高等学校、大学及び就業施設の入学・入所に当たって必要な資金
 修業資金  児童が事業を開始し、又は就職するために技能を修得するのに必要な資金
 結婚資金  子どもが結婚するために必要な挙式披露宴の経費及び家具什器等を購入する資金
 特例修学資金  特例により、修学修業資金の限度額に児童扶養手当相当額を加算できる資金

 

 2.資金の対象・限度額・償還期間

 資金名  貸付対象  母子・父子・寡婦貸付限度額  償還期間
 事業開始資金  母・父・寡婦  2,830,000円  7年以内
 事業継続資金  母・父・寡婦  1,420,000円  7年以内
 技能習得資金  母・父・寡婦

 月額 68,000円

 自動車運転免許取得 460,000円

 10年以内
 就職支度資金

 母・父・寡婦

 児童

 100,000円

 自動車購入資金 230,000円

 6年以内
 住宅資金 母・父・寡婦

                                                                                  1,500,000円

 災害等の住宅全壊等 2,000,000 円

 6年以内    

特別 7年以内

 転宅資金  母・父・寡婦  260,000円  3年以内
 医療介護資金

 母・父・寡婦

 児童

 医療一般 340,000円

 医療特別 480,000円

 介護 500,000円

 5年以内
 生活資金

 

 母・父・寡婦

 医療介護 月額 103,000円

 技能習得 月額 141,000円

母子家庭となり7年未満の母子・父子          月額 103,000円

貸付総額限度               失業期間 月額 240,000円

 養育費取得のための裁判費用                                           1,236,000円 

 5年以内

 10年以内

8年以内

 寡婦5年以内

母子・父子 8年以内

 修学資金

 児童

 

 高校(公立27,000円、私立45,000 円)

 大学(公立67,500円、私立 81,000円)

 短期大学・専門学校(公立67,500円、私立79,500円)     

 10年以内

専修一般過程は5年以内

 就学支度資金

 児童

 

非課税者(または、同等の経済事情)        小学校(40,600円)

非課税者(または、同等の経済事情)        中学校(47,400円)   

高校(公立 150,000円、私立410,000円)

 大学・短期大学・専門学校(公立370,000円、私立580,000円)

就業施設中学校卒業(75,000円)

就業施設高等学校卒業(90,000円)

 10年以内

 

 

 

5年以内

 修業資金

 児童

 

 月額 68,000円

 自動車運転免許取得 460,000円

 6年以内
 結婚資金  母・父・寡婦  300,000円  5年以内
 特例修学資金  児童  修学修業資金の限度額に児童扶養手当相当額を加算した額  10年以内

 

 ・各資金ごとに、貸付限度額・貸付期間・償還期間・利子(無利子・低利子)等の条件が異なります。

 ・償還は、半年賦か月賦のいずれかです。指定期日までに償還しなかった場合は、その日数に応じて年5%の割合で違約金が徴収されます。

 

 3.手続き方法

 貸付の決定等は岐阜県知事が行いますが、手続き等の受付は下呂市福祉事務所が行います。

 まずは、下呂市児童福祉課まで、お問い合わせをお願いいたします。

この情報はお役に立ちましたか?

より良いホームページにするために皆様のご意見をお聞かせください。

このページの情報は役に立ちましたか。
   
このページは見つけやすかったですか。
   
このページにはどのようにしてたどり着きましたか。
       

このページについてのお問い合わせ

[ 児童福祉課 ]
〒509-2517 下呂市萩原町萩原1166番地8  Tel:0576-52-2882 Fax:0576-52-3915 メールでのお問い合わせ