本文

後期高齢者医療制度(長寿医療制度)

更新日:2016年4月1日このページを印刷する

制度の概要

「後期高齢者医療制度」は、老人医療費が増大する中、現役世代と高齢者世代の負担を明確化し、公平で分かりやすい制度とするために、老人保健制度に代わる新しい制度として平成20年4月に創設されました。
 この制度は、岐阜県内の全市町村が加入する広域連合が運営し、75歳以上の方と、65歳から74歳以下で一定の障がいがあり広域連合の認定を受けた方が、後期高齢者医療制度に加入します。

対象となる方

 岐阜県内にお住まいの下記の方が被保険者となります。

  • 75歳以上の方
  • 65歳以上74歳以下で一定の障がいのある方 (本人の申請に基づき、広域連合の認定を受けた方)

   ※現在加入している国民健康保険や会社の健康保険などの公的医療保険から、後期高齢者医療制度に加入することになります。

資格の取得(被保険者になるとき)

  • 75歳になったとき(75歳の誕生日当日から)
  • 75歳以上の方が、岐阜県外から転入してきたとき
  • 一定の障がいがある65歳から74歳以下の方が、広域連合の認定を受けたとき(認定日から)
  • 適用除外要件に該当しなくなったとき(生活保護の終了等)

資格の喪失(対象から外れるとき)

  • 岐阜県外へ転出するとき (転出された県にて後期高齢者医療保険に再加入して頂くことになります)
  • 死亡したとき
  • 65歳から74歳以下の方で、一定の障がいの状態に該当しなくなったとき、または本人から障がいの認定に係る申請を取り下げる旨の申し出があったとき
  • 適用除外要件に該当したとき(生活保護の開始等)

 こんなとき・・・

 後期高齢者医療保険では、住所が変わるなどの異動があったときには届出が必要です。

 届出に必要な保険証や印鑑(シャチハタ不可)・マイナンバーカードなどを持参して、窓口で届け出て下さい。
 窓口では、届出には、 本人確認 が必要となります。

 こんなとき  届出に必要なもの  届出期限
 他県から転入したとき  ・負担区分等証明書(転出を届け出たときに発行されます。)
 ・印鑑 ・マイナンバーカード
 14日以内
 県外へ転出するとき  ・保険証
 ・印鑑 ・マイナンバーカード
 14日以内
 県内で住所が変わったとき  ・保険証
 ・印鑑 ・マイナンバーカード
 14日以内
 氏名が変わったとき  ・保険証
 ・印鑑 ・マイナンバーカード
 14日以内
 生活保護を受けるようになったとき  ・生活保護開始決定通知書
 ・保険証
 ・印鑑 ・マイナンバーカード
 14日以内
 生活保護を受けなくなったとき  ・生活保護廃止決定通知書
 ・印鑑 ・マイナンバーカード
 14日以内
 死亡したとき  ・死亡した方の保険証
 ・印鑑 ・マイナンバーカード
 14日以内
 保険証をなくしたとき  ・本人を確認できる書類(運転免許証、パスポート、年金証書など)
 ・印鑑 ・マイナンバーカード
 すみやかに
 一定の障がいを持つ65歳以上74歳以下の方が被保険者として認定を受けるとき  ・身体障がい者手帳又は医師の診断書
 ・国民年金証書
 ・現在加入している健康保険証
 ・印鑑 ・マイナンバーカード
 随時(75歳まで)

関連情報リンク(組織の運営と制度について、各種申請書の様式・記入例等は下記をご覧ください。)

この情報はお役に立ちましたか?

より良いホームページにするために皆様のご意見をお聞かせください。

このページの情報は役に立ちましたか。
   
このページは見つけやすかったですか。
   
このページにはどのようにしてたどり着きましたか。
       

このページについてのお問い合わせ

[ 市民課 ]
〒509-2295 下呂市森960番地  Tel:0576-24-2222 Fax:0576-24-1358 メールでのお問い合わせ