本文

平成25年8月から気象等に関する「特別警報」の発表を開始します。

更新日:2013年7月1日このページを印刷する

 「特別警報」とは

  気象庁が発表する「特別警報」とは、予想される気象状況等が特に異常であるため、重大な災害が起こる危険性が高まっていることをお知らせする新しい気象警報です。

  特別警報の対象とする現象は「東日本大震災」、我が国の観測史上最高の潮位を記録した「伊勢湾台風」の高潮、紀伊半島に甚大な被害をもたらした「平成23年台風12号」の豪雨等が該当します。

  特別警報が出された地域は数十年に一度しかないような非常に危険な状況にあります。屋外の状況や、避難指示・避難勧告等に注意し、ただちに命を守るための行動をとってください。

 

  また、特別警報が発表されないからといって災害が発生しないということではありません。従来の警報はこれまでと変わりなく、重大な災害のおそれがあるときに発表しますので、警報が発表された時点で十分な警戒が必要です。

  特別警報の名称にて発表を予定するのは、「大雨、暴風、高潮、波浪、大雪、暴風雪」の6種類です。なお、地震、津波、噴火については、既存警報のあるレベル以上のもの「震度6弱以上の地震を予想したもの(緊急地震速報)、大津波警報(高さ3m超)、噴火警報(居住地域)」を特別警報として、従来の名称のまま発表する予定です。

 

特別警報が発表されるまでの図

関連情報リンク

気象庁ホームページ「特別警報が始まります。」

この情報はお役に立ちましたか?

より良いホームページにするために皆様のご意見をお聞かせください。

このページの情報は役に立ちましたか。
   
このページは見つけやすかったですか。
   
このページにはどのようにしてたどり着きましたか。
       

このページについてのお問い合わせ

[ 危機管理課 ]
〒509-2295 下呂市森960番地  Tel:0576-24-2222 Fax:0576-25-3250 メールでのお問い合わせ