本文

毎年7月は「青少年の非行問題に取り組む全国強調月間」です

更新日:2009年7月1日このページを印刷する

 なくそう非行 地域で育む 青少年

 青少年 地域で守ろう 育てよう

 

 近年いじめの問題やインターネットにまつわる犯罪、虐待等による子どもの被害、薬物の青少年への広がりなど、青少年をめぐる事件が後を絶ちません。次世代を担う青少年を健全に育成することは、私たち国民全体に課せられた責務であり、国と地域が一体となって青少年の非行防止のための取り組みを進めることが必要です。

 学校が夏休みに入る時期に当たる毎年7月は「青少年の非行問題に取り組む全国強調月間」です。

 月間中は、

1.インターネット上の違法・有害情報への適切な対応
2.有害環境への適切な対応
3.薬物乱用対策等の推進
4.不良行為少年への的確な対応
5.初発型非行の防止、
6.再非行(再犯)の防止
7.いじめ・暴力行為等の問題行動への対応

 を重点課題として、国や地方公共団体、関係機関・団体等が協力し、啓発活動や各種取り組みを集中的に実施します。

 特に子どもを有害環境から守るためには、地域の事業者の協力が重要です。月間では、インターネットカフェや漫画喫茶、カラオケボックスなどの事業者に対して、青少年の深夜の立ち入りの制限を要請するとともに、酒類・たばこの販売窓口における年齢確認の徹底を要請することとしています。また、少年が非行に陥ったり、犯罪被害の対象となったりすることのないよう、警察や地域ボランティアなどによる補導活動を展開します。

 青少年の犯罪や被害を未然に防ぐためには、民間・地域住民が主体的に取り組んでいくことも重要です。

関連情報リンク

この情報はお役に立ちましたか?

より良いホームページにするために皆様のご意見をお聞かせください。

このページの情報は役に立ちましたか。
   
このページは見つけやすかったですか。
   
このページにはどのようにしてたどり着きましたか。
       

このページについてのお問い合わせ

[ 市民活動推進課 ]
〒509-2295 下呂市森960番地  Tel:0576-24-2222 Fax:0576-25-3250 メールでのお問い合わせ