本文

印鑑登録と印鑑登録証明書の発行

更新日:2018年7月1日このページを印刷する

下呂市に住民登録のある15歳以上の方で、1人につき1つの印鑑の登録ができます。

印鑑登録の申請方法

本人申請の場合

必要なもの  

・登録する印鑑※同じ世帯で同じ印鑑での登録はできません。

・本人確認書類(運転免許証、マイナンバーカード、在留カード等の写真付本人確認書類に限られます。)

 

((写真付本人確認書類をお持ちでない場合))

・保証書(保証人)による本人確認 <即日登録>

申請者と同じ市区町村で、すでに印鑑登録をしている人(保証人)の署名・実印(登録してある印鑑)の押印がある保証書と保証人の印鑑登録証があれば、即日で印鑑登録をすることができ、印鑑登録証明書の発行を当日受けることができます。

・健康保険証等による本人確認 <申請から登録までに数日かかります>

本人確認書類(健康保険証等)を提示し申請をします。申請者住所(自宅)に印鑑登録の照会書(回答書付き)を郵送しますので、回答書に必要事項を記入・押印し登録申請者が回答書を持参します。それにより、本人確認及び意思確認を行い登録が完了します。照会文書には有効期限があるので、その期間を過ぎると無効になり手続ができなくなります(申請日からおよそ30日程度)。

 代理人申請の場合 <申請から登録までに数日かかります>

 必要なもの  

申請時

・登録する印鑑

・代理人の印鑑(認印可、スタンプ印不可)

・代理人の本人確認書類(運転免許証、パスポート等の写真付本人確認書類に限られます。)

 登録時

・登録する印鑑

・代理人の印鑑(認印可、スタンプ印不可)

・回答書及び代理権授与通知書

・代理人の本人確認書類(運転免許証、パスポート等の写真付本人確認書類に限られます。)

※代理人が申請をした後日、申請者住所(自宅)に印鑑登録の照会書(回答書付き)を郵送しますので、回答書に必要事項を記入・押印し登録代理人が回答書を持参します。それにより、意思確認を行い登録が完了します。照会文書には有効期限があるので、その期間を過ぎると無効になり手続ができなくなります(申請日からおよそ30日程度)。

◎登録できない印鑑

 次のような印鑑は登録できません。

・住民基本台帳に登録されている氏名(外国人住民の場合は通称でも可)以外の文字を表しているもの 

・ゴム印など変形しやすいもの 

・印影が不鮮明なものや文字の判読ができないもの 

・印影の大きさが、1辺8mmの正方形に収まってしまうもの、1辺の長さが25mmの正方形に収まらないもの 

・外枠が欠けているなど登録する印鑑として不適当なもの 

・同一世帯の方が既に登録している印鑑

◎印鑑登録を廃止したいとき

登録証と登録印を持参して印鑑登録廃止届を出してください。

再登録する場合は、もう一度登録の手続きが必要です。

◎登録証、登録印を無くしたとき

登録証を無くしたときは登録印を、登録印を無くしたときは登録証と認印を持参して亡失届を出してください。

なお、印鑑登録証明書が必要な場合は、もう一度、登録の手続きが必要です。

印鑑登録証明書の発行

印鑑登録証明書の発行には印鑑登録証(カード)が必ず必要です。登録印だけを持参しても印鑑登録証明書は交付できません。

代理人は欲しい方の印鑑登録証(カード)をお持ち頂ければ委任状は必要ありません。

印鑑証明書交付申請書に必要事項を記入の上、印鑑登録証(カード)を添えて請求ください。

印鑑登録証明書の発行手数料   1件につき300円 

 参考  戸籍住民票等各種証明書の発行

この情報はお役に立ちましたか?

より良いホームページにするために皆様のご意見をお聞かせください。

このページの情報は役に立ちましたか。
   
このページは見つけやすかったですか。
   
このページにはどのようにしてたどり着きましたか。
       

このページについてのお問い合わせ

[ 市民課 ]
〒509-2295 下呂市森960番地  Tel:0576-24-2222 Fax:0576-24-1358 メールでのお問い合わせ