本文

サービスを利用します (1)居宅介護サービス

更新日:2008年5月27日このページを印刷する

 利用計画(ケアプラン)を作成します

  より自分にあったサービスを利用するために「ケアプラン」を作成します。サービスの選択や利用は居宅介護支援事業者のケアマネジャーが支援してくれます。

 

 居宅介護支援事業者とは

  都道府県の指定を受けて、ケアマネージャーを配置しているサービス事業者のことです。

  利用者が最適な介護サービスを受けられるよう、相談を受けたり、各介護サービス提供事業者と調整を図ったりする、在宅介護の拠点となるところです。

 

 ケアプランとは

  利用者の介護の程度に応じて事前に作成する「どのようなサービスを受けるか」の計画です。

  依頼を受けたケアマネジャーは、本人や家族の希望をふまえて、サービスの種類や利用回数を盛り込んだ「ケアプラン」を作ります。またサービスを利用するときに必要な「サービス利用票」も記入します。

 

 「サービス利用票」は利用時に提示します。

 利用する時間帯、サービスの種類、利用業者名などが記入されます。サービスを利用するときに保険証と一緒に提示しましょう。

 

 施設サービスや地域密着型サービスを利用するときのケアプランは…

 その施設内でケアプランが作成されますので、手続きは必要ありません。

 

 費用の支払いは…

 介護度に応じて設定されている限度額の範囲内の場合は1割の自己負担です。

 限度額を超えてサービスを利用した場合は、超えた分が全額自己負担となります。

 各サービス事業者から請求があります。

 

 1割の自己負担が高額になったとき(高額介護サービス費)

 1割の自己負担が、ある一定額を超えたときは、その超えた分が払い戻され、負担が軽くなる仕組みになっています。

 所得区分によって限度額が異なります。

 該当する方については、申請書が送付されます。

 

 自宅を訪問してもらうサービス

 ケアプランに基づき、各種サービスを利用します。

 自宅を訪問してもらうサービスは下記のようなものがあります。

 

 訪問介護(ホームヘルプサービス)

  ホームヘルパーが訪問し、身体介護や生活援助を行います。  

  身体介護・・・食事、入浴、排泄のお世話。衣類やシーツの交換、通院の付き添いなど

  生活援助・・・住居の掃除、洗濯、買い物。食事の準備、調理など。

 

 訪問入浴介護

  移動入浴車などで訪問し、入浴の解除を行います。

 

 訪問リハビリテーション

  リハビリ(機能回復訓練)の専門家が訪問し、リハビリを行います。

 

 居宅療養管理指導

  医師、歯科医師、薬剤師、歯科衛生士などが訪問し、薬の飲み方や食事など療養上の管理・指導を行います。

 

 訪問看護

  看護師などが訪問し、床ずれの手当てや点滴の管理などを行います。

 

 施設を利用するサービス(通う・泊まる)

 ケアプランに基づき、施設のサービスを利用します。

 在宅を中心としながら、施設に通ったり短期間泊まったりすることができます。

 

 通所介護(デイサービス)

  デイサービスセンターで、食事・入浴などの介護や機能訓練が日帰りで受けられます。

 

 通所リハビリテーション(デイケア)

  介護老人保健施設や病院・診療所で、日帰りの機能訓練などが受けられます。

 

 短期入所生活介護(ショートスティ)

  介護老人福祉施設などに短期間入所して、食事・入浴などの介護や機能訓練が受けられます。

 

 短期入所療養介護(医療型ショートスティ)

  介護老人保健施設などに短期入所して、医療や介護、機能回復訓練が受けられます。

 

 特定施設入居者生活介護

  有料老人ホームなどで、食事や入浴などの介護や機能訓練が受けられます。

この情報はお役に立ちましたか?

より良いホームページにするために皆様のご意見をお聞かせください。

このページの情報は役に立ちましたか。
   
このページは見つけやすかったですか。
   
このページにはどのようにしてたどり着きましたか。
       

このページについてのお問い合わせ

[ 高齢福祉課 ]
〒509-2517 下呂市萩原町萩原1166番地8  Tel:0576-53-0153 Fax:0576-53-0154 メールでのお問い合わせ