本文

ごみを減らすために、3Rを実践しよう

更新日:2008年5月13日このページを印刷する

 ごみを減らすために必要なポイントを「3R」といいます。つまり、Reduce(リデュース)「減らす」・Reuse(リユース)「再使用」・Recycle(リサイクル)「再生利用」 を実行することが、ごみ減らしだけでなく、資源の有効利用にも役立ちます。

 1.Reduce(リデュース)「減らす」

  リデュースとは「減らす・縮小する」という意味。ごみを出す量を減らすこともそうですが、そもそもごみになるものをムダに買わない・持ち込まないこともリデュースです。ついつい買ってしまったけれど、結局使わなかったり、賞味期限が切れて捨ててしまった経験はありませんか?欲しい、という気持ちをギュッと引き締めてムダなごみをなくす方法を実践しましょう。

 2.Reuse(リユース)「再使用」

  今あるものは、なるべくごみにせずに、できる限り利用するのが環境にやさしい生活です。Tシャツ1枚でも、元は貴重な資源から作られたもの、ぞうきんにすれば長く使えます。すべてのものに愛情を持って、最後の最後まで利用し尽くすことが、資源の有効利用につながります。

 3.Recycle(リサイクル)「再生利用」

 「リサイクル」という言葉はすっかり一般的になりました。「不用になったものを原料に戻して、新しい製品にすること」。かといって、リサイクルすれば全て良し、ではありません。リサイクルにはコストがかり、新し い資源も必要です。そのため、リデュースして、リユースして、最後にリサイクルするのが理想的です。なお、リサイクルしてできた製品(再生品)を選んで使うのも、大切なことです。

 こうして実践しよう3R

 1.マイバッグを持参して、レジ袋をもらわない
 ごみの減量はレジ袋から始めましょう。買物の際にはマイバッグを小さく折りたたんで持参しましょう。少しだけなら、購入したことを示すシールを貼ってもらいましょう。

 

 2.過剰包装、過剰サービスを断りましょう
 きれいな包装は、その代金がちゃんと商品に上乗せされています。日本人が1年間に平均300枚もらうというレジ袋も、1枚あたり2~3円はどこかで消費者が負担しています。無料サービスではありません。 コンビニでくれる割り箸やプラスチックスプーン、書店でくれるブックカバー、ファストフード店のケチャップなどの調味料、たくさんの紙ナプキンなどは必要でしょうか。

 3.安もの買いに注意しましょう
 「タイムセール」や「大安売り」、「100円均一」。ついつい買いすぎてしまう前に冷静になりましょう。気軽に買ったものは、すぐにごみになる可能性も高いもの。本当に必要なものだけを買うようにしましょう。

 4.使い捨て商品は使わない
 シャンプーや洗剤、食用油などは詰め替え商品を選びましょう。缶ビールより瓶ビールや一升瓶の酒の方が洗って消毒するだけで再利用できる環境にやさしい商品です。インスタント食品は使い捨て容器がごみになるので、レトルト食品など袋入りのものを選びましょう。 

この情報はお役に立ちましたか?

より良いホームページにするために皆様のご意見をお聞かせください。

このページの情報は役に立ちましたか。
   
このページは見つけやすかったですか。
   
このページにはどのようにしてたどり着きましたか。
       

このページについてのお問い合わせ

[ 環境課 ]
〒509-2203 下呂市小川2390番地  Tel:0576-26-5011 Fax:0576-26-3398 メールでのお問い合わせ