本文

メタボを解消しよう

更新日:2012年10月26日このページを印刷する

 ここ数年よく聞く「メタボ」(メタボリックシンドローム)とは、心筋梗塞や脳梗塞等の発症の危険性を高める内臓脂肪症候群のことです。

  内臓のまわりに脂肪がたまると脂肪細胞から分泌される悪い物質が増えて、血管を炎症させたり血が固まりやすい状態を起こしたりします。

 

 また、動脈硬化を抑える良い物質が減少して動脈硬化が進みやすくなります。

 メタボの基準
ウエスト周囲径(へそ回り)男性85センチメートル以上、女性90センチメートル以上に加え、次の症状が2つ以上該当する方。

 脂質異常  中性脂肪 150ミリグラム/dl以上またはHDLコレステロール40ミリグラム/dl未満
 高血圧   最高(収縮期)血圧130ミリメートルHg以上または最低(拡張期)血圧85ミリメートルHg以上
 高血糖  空腹時血糖値 110ミリグラム/dl以上

 

 内臓脂肪を減らすことで、メタボは解消されます。

  

 3か月から6か月の間で今の体重を5%落とすことから始めましょう。

 メタボに該当したAさんの取り組みを見てみましょう。

 

 男性Aさん。
体重75キログラム 腹囲87.2センチメートル 血圧140/87ミリメートルHg
 中性脂肪196ミリグラム/dl  メタボに該当。

 

 6か月で体重5%落としたい!

 1. 落とす体重は… 75キログラム×0.05=3.75キログラム
2. 目標体重は… 75キログラム -3.75キログラム=71.25キログラム
3.  1日に減量する目安 無理せず体重を6か月で落としたいので、
 3.75キログラム×1000÷6か月÷30日=1日約21g
4  1日21gの体脂肪を落とすには… 21g×7kcal=147kcalを減らす
 ※(1gの体脂肪を減らすには7kcalの消費が必要です)
5.  147kcalを減らすには、運動のみ、運動+食事、食事のみの3つの方法がある 

 Aさんは毎晩飲んでいた缶ビール1本(164kcal)を1日おきに減らし、ビールを飲む日は20分のウォーキング
 (体重75キログラム× 0.1kcal×20分=150kcal)を開始

 ◆労働者した点
 飲み会等で食べ過ぎたときは翌日の食事の量を減らす。
 ・ウォーキング後、お腹が空いた時はお茶を飲んで我慢する。
 ・夜食をやめる。

 

 効果
・3か月を過ぎた頃からお腹周りが楽になり、目に見えて体重が減ってきた。
 ・6か月後、目標体重達成。腹囲は84.5センチメートル血圧も下がった。

 

 普段の生活を振り返り、「これならできそうかな」と思うことから始めましょう。

  

 各保健センターでは健康相談を行っています。お気軽にご相談ください。

この情報はお役に立ちましたか?

より良いホームページにするために皆様のご意見をお聞かせください。

このページの情報は役に立ちましたか。
   
このページは見つけやすかったですか。
   
このページにはどのようにしてたどり着きましたか。
       

このページについてのお問い合わせ

[ 健康医療課 ]
〒509-2517 下呂市萩原町萩原1166番地8  Tel:0576-53-2101 Fax:0576-53-2102 メールでのお問い合わせ