本文

高齢者の定期予防接種

更新日:2018年10月1日このページを印刷する

 

高齢者の定期インフルエンザ・肺炎球菌予防接種

◆ 高齢者の定期インフルエンザ予防接種費用の一部助成

下呂市では以下の対象の方に予防接種費用の一部を助成します。この予防接種は、自らの意志で接種を希望するかたが行うものです。インフルエンザ予防接種は、発病防止や特に重症化防止に有効であることが確認されています。予防接種を受けずにインフルエンザにかかって死亡した人の82%は、予防接種を受けていれば死亡せずに済んだ事が報告されています。予防の基本は流行前に予防接種を受けることです。ワクチンが十分な効果を維持する期間は接種して約2週間後から約5ヶ月間です。インフルエンザの流行時期が通常初冬から春先であることを考えると、10月中旬から12月中旬に1回接種をすることが望ましことから計画的に接種しましょう。

◆ 対象者

接種日において、下呂市の住民基本台帳に記録されているかたで、予防接種を希望し、次のいずれかに該当する方

  1. 予防接種当日に満65歳以上に達しているかた
  2. 60歳以上65歳未満で心臓・腎臓・呼吸器または免疫機能に身体障がい者手帳1級相当の障がいのあるかた

◆ 公費助成期間

平成30年10月1日から平成31年1月31日

注)助成期間以外の接種は全額自己負担となります

◆ 自己負担額

一律 500円   ※  生活保護受給者は無料

※平成28年より市内協力医療機関および岐阜県広域化予防接種協力医療機関において一律の自己負担額に統一されました。

◆ 公費助成額

1回 3,300円

◆  接種方法 

市内の協力医療機関で事前に予約してから接種する。

◆ 接種方法、持ち物

順序 内   容
1 市内協力医療機関に予約する(必ず予約してください)
2

予約した医療機関から予診票を受け取る                       

(予診票受け取り時に「65歳以上の下呂市民であること」が証明できる保険証など持参ください)

3 「保険証」(生活保護世帯に属するかたを除き必ず持参)および「接種料金」を持参し医療機関に受診し接種
4 自己負担金を医療機関へ支払う
5 予防接種済証を受け取る 接種の記録を無くさないように大切に保管ください

◆ 接種医療機関

平成30年度インフルエンザ実施医療機関 [Wordファイル/20.37キロバイト]

岐阜県内の医療機関であれば,助成を受けて接種が行える医療機関(岐阜県広域化予防接種協力医療機関)があります。市外の医療機関での接種を希望される方は、必要書類をお渡ししますので接種前に健康医療課または保健センターへお問い合わせください。

◆ 高齢者肺炎球菌定期予防接種費用の一部助成

高齢者肺炎球菌ワクチンは平成26年10月1日から定期予防接種になりました。

 肺炎球菌は肺炎、中耳炎、副鼻腔炎、気管支炎、髄膜炎などを起こす細菌の一つで、成人の肺炎の25から40%(高齢者では約50%)を占め、特に高齢者での重篤化が問題になっています。予防接種をすることで免疫をつけることができ重症化を防止します。この予防接種は、自らの意志で接種を希望するかたが行うものです。なお、公費の有無にかかわらず、過去に高齢者肺炎球菌ワクチン(ニューモバックスN P:23価肺炎球菌莢膜ポリサッカライドワクチン)を接種しているかたは定期予防接種の対象となりませんのでご注意ください。

◆ 公費助成期間

平成30年4月1日から平成31年3月31日まで   注)助成期間以外の接種は全額自己負担となります。

◆ 自己負担額

一律 2,560円 *生活保護受給者は無料

※平成26年より市内協力医療機関および岐阜県広域化予防接種協力医療機関において一律の自己負担額に統一されました。

 ◆ 公費助成額

1回 5,000円

 ◆ 接種期間の対象者 

対象者 生年月日
65歳になるかた 昭和28年4月2日生から昭和29年4月1日生
70歳になるかた 昭和23年4月2日生から昭和24年4月1日生
75歳になるかた 昭和18年4月2日生から昭和19年4月1日生
80歳になるかた 昭和13年4月2日生から昭和14年4月1日生
85歳になるかた 昭和8年4月2日生から昭和9年4月1日生
90歳になるかた 昭和3年4月2日生から昭和4年4月1日生
95歳になるかた 大正12年4月2日生から大正13年4月1日生
100歳になるかた 大正7年4月2日生から大正8年4月1日生

 

2.60歳から65歳未満のかたで、心臓、腎臓、呼吸器の機能に自己の身辺の日常生活活動が極度に制限される程度の障がいやヒト免疫不全ウイルスによる免疫の機能に日常生活がほとんど不可能な程度の障がいがあるかた

◆ 過去に接種したかたは接種できません

 高齢者肺炎球菌ワクチンを接種されたことのあるかたが、再接種した場合、注射部位の疼痛、紅班、硬結等の副反応が、初回接種よりも頻度が高く、程度が強くなるとの報告があります。
 このため、接種間隔に関わらず過去に接種したかたは定期予防接種の対象とはなりません。初回接種から5年以上経過し、肺炎球菌により重症になる危険性が高いなど、再接種の必要なかたは、主治医とご相談ください。ご自身で接種歴を必ず確認し、また接種後は接種の記録を無くさないように大切に保管されますようお願いいたします。

関連情報リンク

高齢者肺炎球菌ワクチンQ&A

◆ 接種方法、持ち物

順序 内   容
1 市内協力医療機関に予約する(必ず予約してください)
2 「高齢者肺炎球菌予防接種予診票」および「済証」と「保険証」および「接種料金」を持参し医療機関に受診し接種
3 自己負担金を医療機関へ支払う
4 予防接種済証を受け取る 接種の記録を無くさないように大切に保管ください

◆ 接種医療機関

30年度 高齢者肺炎球菌実施医療機関 [PDFファイル/52.07キロバイト]

岐阜県内の医療機関であれば,助成を受けて接種が行える医療機関(岐阜県広域化予防接種協力医療機関)があります。市外の医療機関で接種を希望する場合は、接種前に健康医療課または保健センターにお問い合わせください。

 

◆ ご案内方法

対象者の方に個別通知(4月中に郵送)

◆ 市外の医療機関(県内)で定期予防接種を希望する場合

平成26年10月1日から岐阜県内で定期予防接種広域化制度が開始されています。定期予防接種は、通常、住所地の市町村で受けますが、県内の住所地以外の市町村でも予防接種を受けることができる制度です。

かかりつけ医が市外にある等の事情で、市外の医療機関で接種を希望する場合、岐阜県内の医療機関(岐阜県広域化予防接種協力医療機関)において接種ができます。接種を希望される場合は健康医療課または保健センターにお問い合わせください。

岐阜県広域化予防接種協力医療機関については、岐阜県医師会のホームページでご確認することができます。

岐阜県広域事業協力医療機関一覧(岐阜県医師会)

◆ 岐阜県内の医療機関での接種方法及び持ち物

  1. 医療機関に予約します。
  2. 下呂市と記載された予診票がお手元または接種希望の医療機関にない場合、健康医療課または保健センターにお問い合わせください。

岐阜県広域事業協力医療機関であるかどうかを確認の上、該当する場合は下呂市の予診票をお渡しします。

  1. 必要書類(予診票・済証・保険証・接種料金)を持参の上受診し接種します。
  2. 自己負担金を支払います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この情報はお役に立ちましたか?

より良いホームページにするために皆様のご意見をお聞かせください。

このページの情報は役に立ちましたか。
   
このページは見つけやすかったですか。
   
このページにはどのようにしてたどり着きましたか。
       

Adobe Readerダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください(無料)。

このページについてのお問い合わせ

[ 健康医療課 ]
〒509-2517 下呂市萩原町萩原1166番地8  Tel:0576-53-2101 Fax:0576-53-2102 メールでのお問い合わせ