本文

入湯税の概要について

更新日:2019年5月31日このページを印刷する

入湯税とは

 入湯税は、環境衛生施設・消防施設などの整備や、観光振興に要する費用に充てるために設けられた目的税です。

 

納税義務者と納税方法

 鉱泉浴場の経営者(特別徴収義務者)が入浴客(納税義務者)から入湯税を預かり、1か月分の課税人数、税額などを翌月15日までに市へ申告して納めます。

 【下呂市の税率】

宿泊を伴う場合の入湯税   ・・・1人1泊につき150円

宿泊を伴わない場合の入湯税・・・1人1日につき100円(平成27年4月1日から)

 

課税免除となる場合(例)

・12歳未満の方

・一般公衆浴場(いわゆる銭湯)に入浴する方

・学校教育又は社会教育上の見地から行われる行事に参加する、学校の生徒及び引率者の方(※1)

・入湯に係る料金(料金に飲食料等を含む場合はその総額。消費税額を含まない)が1,000円以下の場合において宿泊を伴わないで入浴する方(平成27年4月1日から適用)

 

(※1)課税免除の対象となるのは・・・

 学校教育又は社会教育上の見地から行われる行事に参加する学校(幼稚園、小学校、中学校、高等学校、中等教育学校、特別支援学校、高等専門学校)の生徒及び引率者が入湯した場合

 これによりクラブ等は該当しませんのでご注意ください。なお、鉱泉浴場の経営者(特別徴収義務者)を通じて「入湯税課税免除届出書」の提出が必要です。

 

 該当する場合には、下の入湯税課税免除届出書をダウンロードし、必要事項の記入および学校長等の記名押印の上で、利用日までに入湯施設(旅館等)に提出してください。

 

関連ファイルダウンロード

H31入湯税特別徴収の手引 [PDFファイル/443.96キロバイト]
課税免除届出書(記入例あり) [Wordファイル/22.14キロバイト]
鉱泉浴場経営申告書(記入例あり) [Wordファイル/26.67キロバイト]

この情報はお役に立ちましたか?

より良いホームページにするために皆様のご意見をお聞かせください。

このページの情報は役に立ちましたか。
   
このページは見つけやすかったですか。
   
このページにはどのようにしてたどり着きましたか。
       

Adobe Readerダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください(無料)。

このページについてのお問い合わせ

[ 税務課 ]
〒509-2295 下呂市森960番地  Tel:0576-24-2222 Fax:0576-24-2772 メールでのお問い合わせ