本文

御嶽山火山ハザードマップ

更新日:2015年11月5日このページを印刷する

御嶽山火山ハザードマップ

御嶽山の想定火口領域や、噴石・火砕流・火砕サージ・融雪型火山泥流の影響範囲を地図にまとめたものです。

1度の噴火で図示された全ての範囲に影響が及ぶというものではなく、想定火口領域のそれぞれの地点で噴火した場合の影響範囲を全て併せた地図になっています。

火口の位置によって火山現象の影響範囲は異なりますので、噴火時には気象庁や県、市からの情報を得て、適切に行動してください。

※ 融雪型火山泥流とは、火口周辺に多くの積雪がある状態で噴火し、マグマ等の噴出物が周囲の雪を溶かし、溶けた水が土砂等と一緒に谷沿いを流れ下る現象です。

  このハザードマップでは、中規模のマグマ噴火で、火口周辺の積雪量が165cmと想定して影響範囲を作成してあります。

御嶽山火山ハザードマップ(web版)

御嶽山火山ハザードマップ [PDFファイル/1,010.61キロバイト]

この情報はお役に立ちましたか?

より良いホームページにするために皆様のご意見をお聞かせください。

このページの情報は役に立ちましたか。
   
このページは見つけやすかったですか。
   
このページにはどのようにしてたどり着きましたか。
       

このページについてのお問い合わせ

[ 危機管理課 ]
〒509-2295 下呂市森960番地  Tel:0576-24-2222 Fax:0576-25-3250 メールでのお問い合わせ