本文

地籍調査の境界立会いについて

更新日:2017年2月17日このページを印刷する

質問

地籍調査の境界立会いは、必ず行かなければならないのですか。

回答

境界立会いが行われないと、その土地だけではなく、当然隣接の土地も「 筆界未定 」となります。

調査後に筆界未定となった土地の境界は、所有者の間で境界を確認した後に自分たちの費用で測量し、法務局へ地図と地籍の訂正を申請することになり、大変な手間と費用がかかります。

こうしたことにならないよう、立会いには必ずきていただきますようお願いします。

どうしても都合がつかない場合は、委任状を作成し、代理人の立会いをお願いします。

この情報はお役に立ちましたか?

より良いホームページにするために皆様のご意見をお聞かせください。

このページの情報は役に立ちましたか。
   
このページは見つけやすかったですか。
   
このページにはどのようにしてたどり着きましたか。
       

このページについてのお問い合わせ

[ 土木課 ]
〒509-2592 下呂市萩原町羽根2605番地1  Tel:0576-53‐2010 メールでのお問い合わせ