本文

平成30年度当初予算の概要

更新日:2018年3月22日このページを印刷する

 予算編成の基本的な考え方

 

 

 平成30年度の予算編成にあたっては、第2次総合計画の早期実現、特に重点プロジェクトの具現化を強力に推進するため、抜本的に予算編成方法を見直しました。また、「歳入に見合った(身の丈に合った)計画的な財政運営を目指す」ことから、以下の4点に留意し、予算編成を行いました。
 (1)歳入の一般財源に着目した各部署の自主性促進による予算編成
 (2)総合計画施策、同重点プロジェクトを積極的かつ強力的に推進する予算編成
 (3)5つの視点(計画性・公益性・妥当性・効率性・将来性)で事務・事業を見つめ直し真に必要な事業、今後必要な事業を導き出す予算編成
 (4)事務改善により職員の事務量軽減を図る予算編成

 予算の規模

 

 一 般 会 計 239億9,000万円 (前年度当初比  3.5%増)
 特 別 会 計(9会計) 116億3,873万円 (前年度当初比  9.3%減)
   国民健康保険事業(事業勘定)  37億5,156万円  
   後期高齢者医療  5億658万円  
   介護保険(介護サービス事業勘定)  2億704万円  
   介護保険(保険事業勘定)  34億6,267万円  
   簡易水道事業  8億3,460万円  
   下水道事業  24億2,730万円  
   国民健康保険事業(診療施設勘定)  2億9,420万円  
   下呂財産区  240万円  
   学校給食費  1億5,238万円  
 企 業 会 計(3会計)  22億6,899万円 (前年度当初並み)
   水道事業  3億2,832万円  
   下呂温泉合掌村事業  2億7,680万円  
   金山病院事業  16億6,387万円  
 合   計  378億9,772万円 (前年度当初比 1.0%減)

 

 

 関連ファイルダウンロード

予算編成方針 [PDFファイル/120.62キロバイト]
予算の概要 [PDFファイル/180.36キロバイト]
予算の資料 [PDFファイル/418.44キロバイト]

この情報はお役に立ちましたか?

より良いホームページにするために皆様のご意見をお聞かせください。

このページの情報は役に立ちましたか。
   
このページは見つけやすかったですか。
   
このページにはどのようにしてたどり着きましたか。
       

Adobe Readerダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください(無料)。

このページについてのお問い合わせ

[ 財政係 ]
 メールでのお問い合わせ