本文

第3次下呂市行政改革大綱(案)について下呂市行政改革推進委員会から答申がされました

更新日:2014年2月21日このページを印刷する

  平成26年2月21日に、下呂市行政改革推進委員会から第3次下呂市行政改革大綱(案)について、答申がされました。

  『行政改革の成果をあげている自治体では、将来のあるべき姿及びビジョンを明確にして全ての利害関係者の間で共有し、民間の経営手法を取り入れ、組織改革及び意識改革を実施していることから、下呂市においても、下呂市に関わる全ての利害関係者が共有できる「将来のあるべき姿・ビジョン」を制定して市民第一主義の観点に立った成果重視の行政運営に転換する必要性がある。第3次下呂市行政改革大綱(案)では、経営理念に基づいた意識改革及び経営効率を追求する組織体を実現するとしていることから、改革の方向性や内容を評価し、それを実行するための制度や仕組みづくりを実施計画において明らからにすることを要望し、原案どおり認める。』との答申がなされました。

  なお、16項目の付帯意見も併せて答申されました。

  今後は大綱や、答申の付帯意見の実現を目指し、具体的な改善改革を掲載した行政改革実施計画を策定します。

 

神戸行政改革推進委員会から答申を受ける市長

 

 関連ファイルダウンロード

  第3次下呂市行政改革大綱(案)についての答申 [PDFファイル/237.78キロバイト]

  第3次下呂市行政改革大綱(案)の答申付帯意見の補足 [PDFファイル/118.44キロバイト]

この情報はお役に立ちましたか?

より良いホームページにするために皆様のご意見をお聞かせください。

このページの情報は役に立ちましたか。
   
このページは見つけやすかったですか。
   
このページにはどのようにしてたどり着きましたか。
       

Adobe Readerダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください(無料)。

このページについてのお問い合わせ

[ 総務課 ]
〒509-2295 下呂市森960番地  Tel:0576-24-2222 Fax:0576-25-3250 メールでのお問い合わせ