本文

5月29日(火曜日) 市長へ県GAP確認通知書を披露!

更新日:2018年5月30日このページを印刷する

下呂市の生産者が「岐阜県GAP」を取得されました!

  岐阜県では、食品安全・環境保全・労働安全などの観点から農業生産の持続性を確保するためGAP(農業生産工程管理)の取組みが推進されており、このたび、昨年11月に「岐阜県GAP確認制度」が創設されて以来はじめて、下呂市の生産者が岐阜県GAPの管理基準を満たしていることの確認を受けました。

GAP

岐阜県GAP取得生産者:株式会社 熊崎組

岐阜県GAP取得品目:エゴマ

 GAP(Good Agricultural Practice)とは

 GAPは、農林水産省では「農業生産工程管理」と訳されており、食品安全、環境保全、労働安全などの観点から、農業生産工程に潜むリスクを管理し、持続的に農業を行うための取り組みです。

 

 2020年に開催される東京オリンピック・パラリンピック競技大会の組織委員会は、平成29年3月、選手村等で提供する食事の食材調達基準を決定し、農産物についてはGAP認証の取得、または農林水産省が定める「農業生産工程管理(GAP)の共通基盤に関するガイドライン」に準拠するGAPに即した農産物生産を都道府県等公的機関による第三者の確認を受けることが盛り込まれました。 

 また、国内の一部の大手小売・食品メーカーが既に取引の際にGAP認証の取得を要件としていますが、今後、農産物の輸出や国内流通において、生産者に対してGAP認証取得の要求がさらに高まることも想定されます。 

この情報はお役に立ちましたか?

より良いホームページにするために皆様のご意見をお聞かせください。

このページの情報は役に立ちましたか。
   
このページは見つけやすかったですか。
   
このページにはどのようにしてたどり着きましたか。
       

このページについてのお問い合わせ

[ 秘書広報課 ]
〒509-2295 下呂市森960番地  Tel:0576-24-2222 Fax:0576-25-3250 メールでのお問い合わせ