本文

市長日誌(令和2年度)

更新日:2020年8月3日このページを印刷する

 

 8月3日(月曜日) 御法川国土交通副大臣被災地視察

 

▽御法川国土交通省副大臣視察

御法川副大臣被災地視察

 

御法川国交相副大臣視察

 

 

 御法川国土交通副大臣に7月豪雨の被災地である国道41号(小坂町門坂)の現場を視察していただきました。

 遠方より被災地復興に向けお越しいただき感謝申し上げます。

 

 7月30日(木曜日) 近隣市村様より災害見舞表敬訪問

 

飛騨市長白川村長

▲7月16日 都竹淳也飛騨市長、成原茂白川村長

郡上市長

▲7月20日 日置敏明郡上市長

関市長

  ▲7月29日 尾関健治関市長

 

 令和2年7月豪雨により被災した下呂市に対しまして、多くの方から災害救援物資やご寄附、お見舞金をいただいております。

 近隣の市村長様にも下呂市までお越しいただき、それぞれの市村における災害施策について意見交換するとともに、皆様方から心温まるお見舞いや力強い応援のお言葉を頂戴し心より感謝申し上げます。お見舞金は被災者支援のために有効に活用させていただきます。

 

 7月29日(水曜日) 小坂地域門坂、松尾地区被災地視察

 

小坂門坂視察

▲小坂地域門坂地区被災地視察 

小坂松尾地区視察

 ▲小坂地域松尾地区被災地視察

 

 本日、まだ訪問できていなかった7月豪雨の市内被災地を視察しました。

門坂、松尾地区の被災状況は大変甚大で、早急な復旧の必要性を痛感しました。

 7月29日(水曜日) 新型コロナウイルス感染症 市民メッセージ収録

 

市民メッセージ収録

▲市民メッセージ収録

  

 

 昨日、下呂市で新型コロナウイルス感染者が確認されました。これに伴い、防災行政無線を使って市民へのメッセージを発信しました。より一層の感染症対策を心がけていきましょう。

☆メッセージ☆

7月豪雨により、被災された皆さまに心からお見舞い申し上げます。

幸いにも人的被害が出なかったことは、ボランティアを含め市民の皆さまの自助共助のたまものであり、コミュニティの絆の深さのおかげだと思っております。心から感謝申し上げます。

一刻も早い復旧に努め、平穏な市民生活に戻れるよう全力で取り組んでまいります。

また、昨日市内で新型コロナウイルスの感染者が確認されました。

感染された方には一日も早いご回復をお祈り申し上げます。

下呂市は引き続き県などと連携し感染拡大の防止に全力で取り組んでまいりますので、市民の皆さま方におかれましてもこれまで以上に感染対策を心がけていただきますようお願い申し上げます。

なお、風評被害も懸念されますのでうわさ話やネットなど根拠のない情報に惑わされることのないよう、今後県や市が発信する情報のもと冷静な判断と思いやりを持った行動を強くお願い申し上げます。下呂市にとって困難な状況がしばらく続くかと思いますが、皆さんとともにワンチームで取り組んでまいりましょう。

 7月25日(土曜日) 枝野立憲民主党代表視察

 

枝野立憲民主党代表

▲枝野立憲民主党代表被災地視察

  

 

 本日は立憲民主党の枝野代表にお越しいただきました。下呂市役所で意見交換を行った後、7月豪雨の被災現場を視察していただきました。

 ありがとうございました。

 7月24日(金曜日) 赤羽国土交通大臣視察

 

赤羽国土交通大臣視察

▲赤羽国土交通大臣R41視察

赤羽国土交通大臣

▲赤羽国土交通大臣へ要望

赤羽国土交通大臣

▲意見交換会

  

 

 本日は赤羽国土交通大臣にお越しいただきました。7月豪雨により崩落し通行止めとなっている国道41号について、8月31日までの復旧を目指すというお言葉をいただきました。

 新型コロナウイルスや災害の影響を受ける下呂市の観光についてもご支援いただけるということでした。多方面からのご支援に対し感謝申し上げます。

 7月23日(木曜日) 武田防災担当大臣視察

 

▽武田防災担当大臣へ要望

防災担当大臣

 

防災担当大臣

 

  

 

 武田防災担当大臣に国道41号の早期復旧と下呂市への強力な支援をお願いしました。

 

 武田防災担当大臣からは様々な支援策を準備するとの力強いお言葉をいただきました。

 7月23日(木曜日) JR高山本線 全区間再開セレモニー

 

JR高山本線小坂駅

▲JR飛騨小坂駅

JR高山本線

▲飛騨小坂駅から渚駅までの車内

  

 

 7月23日(木曜日)始発からJR高山本線の全区間が再開されました。

 高山方面に通う高校生もやっと通学ができるようになりました。

 早期復旧のためご尽力いただいた皆様に感謝いたします。

 7月22日(水曜日) 国土交通省道路局へ緊急要望、鉄道局へJR再開のお礼

 

▽国土交通省道路局、鉄道局へ

国土交通省

 

国土交通省へ

  

 

 昨日に引き続き、国土交通省道路局へ金子俊平衆議院議員とともに三市一村首長による豪雨災害の災害復旧緊急要望を行いました。

 国土交通省鉄道局へは、7月23日(木曜日)からJR高山本線の全区間が再開されることになったお礼に伺いました。

 国におかれましても、早期復旧のために不休の対応をいただいていることに対しまして、心より感謝申し上げます。

 7月21日(火曜日) 国土交通省中部地方整備局長、中部運輸局長へ

 

中部地方整備局長へ要望

▲中部地方整備局長へ緊急要望

中部運輸局へ要望

▲中部運輸局長へ緊急要望

 

  

 

 国土交通省中部地方整備局の堀田治局長と中部運輸局の坪井史憲局長へ古田肇岐阜県知事とともに三市一村首長による豪雨災害の災害復旧緊急要望を行いました。

 主な要望事項は、国道41号及びJR高山本線の早期復旧、早期復旧に向けた災害査定、国土強靭化予算の安定的・継続的な確保についてお願いしました。

 

 7月20日(月曜日) 自民党総務会長・鈴木俊一衆議院議員、佐藤信秋参議院議員被災地視察

 

▽自民党総務会長・鈴木俊一衆議院議員、佐藤信秋参議院議員被災地視察

自民党総務会長鈴木俊一衆議院議員ほか視察
自民党総務会長鈴木俊一衆議院議員ほか視察

  

 

 自民党総務会長・鈴木俊一衆議院議員と佐藤信秋参議院議員に国道41号(小坂町門坂)の様子を視察していただきました。

 遠方より被災地復興に向けお越しいただき感謝申し上げます。

 

 7月17日(金曜日) 渡辺猛之参議院議員、大野泰正参議院議員被災地視察

 

▽渡辺猛之参議院議員、大野泰正参議院議員被災地視察

渡辺猛之参議院議員、大野泰正参議院議員被災地視察
渡辺猛之参議院議員、大野泰正参議院議員被災地視察2

  

 

 渡辺猛之参議院議員、大野泰正参議院議員に災害現場の視察をしていただきました。

 下呂市への力強い支援に向けたお言葉をいただき、感謝申し上げます。

 今後も早期の復興に向けて努力いたします。写真は萩原町羽根の様子です。

 7月15日(水曜日) 古田肇岐阜県知事被災地視察

▽古田肇岐阜県知事視察

岐阜県知事視察

 

岐阜県知事視察

 

 

 本日、古田肇知事が被災地の視察にお越しくださいました。小坂町門坂地内の国道41号の崩落現場を共に視察しました。

 国・県・市で連携して、早期復旧に向け全力で取り組んでまいります。

 7月14日(火曜日) 下呂市災害対策本部

 

災害対策本部会議
下呂市災害対策本部会議

▲下呂市災害対策本部会議

 

 随時、災害対策本部会議(各振興事務所はWEB会議)を開催し、市内の被害状況の把握や災害復旧対策を行っています。

 本日は気象庁、岐阜県の災害マネジメント支援職員、熊本市災害支援マネジメント職員にも参加いただき、ご助言をいただきました。関係各所から専門家を派遣していただき感謝申し上げます。

 7月12日(日曜日) 市内被災地域の視察

  

小坂町市道橋の状況

▲(1)小坂町市道橋の状況確認

国道41号崩落現場仮設道工事

▲(2)国道41号崩落現場仮設道工事

奥田洞農地

▲(3)萩原町奥田洞農地土砂流入

萩原町羽根家屋

▲(4)萩原町羽根家屋被害

 

 被災地域の現地視察にいってきました。

(1)小坂町市道橋の状況確認

(2)国道41号崩落現場仮設道工事

(3)萩原町奥田洞農地土砂流入

(4)萩原町羽根家屋被害

 一刻も早く日常が取り戻せるよう、力を注ぎます。

 

 

 

 7月9日(木曜日) 市内被災地域の視察

  

▽金子俊平衆議院議員と被災現場視察

国道41号崩落

▲国道41号崩落

住家土砂流入

▲住家への土砂災害

JR線路へ土砂流入現場

▲JR線路土砂流入

 

 本日、金子俊平衆議院議員が、被害を受けた地域の視察のため下呂市にお越しくださり、国道41号の崩落現場、小坂地域の土砂災害、萩原地域のJR線路への土砂流入、避難所などを共に視察しました。復旧に向け全力を挙げて協力していくと力強いお言葉をいただきました。

 住家に流れ込んだ土砂は想像以上の量であり、水の不足、流通経路が遮断されているため食料も不足しており、早急に不足する地域への対応をしてまいります。

 災害復旧に向け全力で取り組んでまいります。

 

 週末も雨が続く予報となっており、土砂災害の危険性もありますので、引き続き命を守る行動をお願いします。

 

 7月8日(水曜日) 大雨特別警報 7月8日6時30分発表

  

萩原町中呂

 ▲萩原町中呂アンダーパス  

小坂町地内国道41号崩落

▲小坂町地内国道41号崩落

救援物資

▲災害救援物資

 

 昨夜も大雨が降り続き飛騨川の氾濫危険水位を超え、大変危険な状況が予想されたため、8日2時30分に下呂市全域に「避難指示」を発表しました。

 6時30分には「大雨特別警報」が発表され、各地で土砂の流出、家屋の半壊、河川の氾濫、床上・床下浸水、道路の冠水・崩落などの災害が多数発生しました。

 現在も避難をされている方や、家屋等被災された方も多く、停電なども発生しご不便をおかけしますが、今後も雨の予報がありますので市民の皆さまの命が守られますよう緊張感を持って対応してまいります。

 本日は、国会議員の先生方、飛騨地域の首長様、姉妹都市の宝達志水町、災害時相互応援協定市の首長様など多方面の皆さまから、下呂市をご心配いただき、心温まるお見舞や力強い応援のお言葉を頂戴し、衷心より感謝申し上げます。

 夕方には、災害救援物資の飲料水とマスクをご寄付いただき、皆さまの温かいお気持ちに心より感謝申し上げます。避難所や被災された市民皆様にお届けします。

 7月7日(火曜日) 下呂市災害対策本部を設置しています 7月7日19時現在

  

災害対策

▲土砂災害警戒情報による対策

 

 降り続く雨により土砂災害の危険性が高まってきたため、6日13時に下呂市災害対策本部を設置し、災害対応の体制を強化しました。

 随時、災害対策本部会議(各振興事務所はWEB会議)を開催し、迅速な判断・対応を心がけます。

 7日19時現在、大雨洪水警報発令中、土砂災害警戒情報発表、飛騨川では氾濫危険水位を超えており、萩原地域、小坂地域の一部に「避難勧告」を発令しています。

 自分自身と家族の命を守るため早目の避難をしてください。避難をすることが危険と思われる場合は、自宅の2階やがけなどから離れた部屋に避難してください。

 避難所では、新型コロナウイルス感染症の感染防止対策として、換気、他の方と十分な距離をとる、手洗い・咳エチケット等についてもお願いいたします。

 7月2日(木曜日) 県産花き展示のCCN収録をしました

  

下呂市役所下呂庁舎玄関の花き

▲下呂市役所下呂庁舎玄関に展示の花き

 

まめなかな収録

▲CCNのインタビュー収録

 

 新型コロナウイルス感染症の影響を受ける花き業界への支援のため、県産花きを活用した花飾りの展示を下呂市役所で行っています。

 清流の国ぎふ花き戦略会議の事業であり、毎月違う花が楽しめます。下呂市役所下呂庁舎正面玄関に展示してありますので、市役所に寄られた際にはぜひご覧ください。

 本日はCCNの週刊まめなかなで県産花き展示の取材をしていただきました。

 また、花屋さんを応援するフラワーフライデーで、前回5月に購入したバラに引き続き、夏を感じさせる元気なひまわりが届きました。花は心が和み癒されます。

 6月30日(火曜日) 有害鳥獣中間処理施設視察

  

有害鳥獣中間処理施設

 ▲有害鳥獣中間処理施設 

 

 下呂市萩原町にある有害鳥獣中間処理施設を視察しました。

 農作物を荒らすシカやイノシシなどの有害鳥獣について、下呂市ごみ焼却場へ持ち込むため、解体処理を行う施設です。施設内は清潔に保たれていました。

 午後からは下呂市猟友会の役員の皆さまと面談し、日ごろ有害鳥獣の駆除にご尽力いただいていることに感謝申し上げるとともに、日ごろの課題などの意見交換をすることができました。

 

 6月24日(水曜日) 金山地域の福祉施設視察

 

かなやまサニーランド

▲かなやまサニーランド

かなやまこども園

▲かなやまこども園

 

 本日は金山地域の福祉施設を視察しました。下呂市の指定管理施設である、かなやまサニーランドとかなやまこども園を訪問し、理事長、施設長、園長らから施設の説明をしていただき意見交換をしました。

 新型コロナウイルス感染症対策に万全を期していただき、日頃のご努力に感謝いたします。

 人口減少、高齢化が進む中でも、地域にとって重要な役割を担い、現場の皆さんの温かな心に触れることができ、貴重な時間となりました。

 

 6月22日(月曜日) 小坂地域の施設視察

 

巌立峡

▲がんだて公園

えごま圃場

▲えごま圃場

 

 本日は小坂地域の施設を視察しました。御嶽山をはじめ、約5万4千年前の溶岩(安山岩質)で形成された日本一の溶岩流の断面を望む巌立峡、日本有数の高濃度を誇る天然炭酸泉、機能性成分を多く含む食品として注目を集めている「えごま」など、市内には豊かな自然の中に可能性を秘めた地域資源が多くあります。

 小坂地域に限らず下呂市内で地域資源を活かし、地域の発展にご尽力いただいている皆さまに感謝いたします。

 各地域の活性化に向け、市民の皆さまにも下呂市を訪れるお客さまにも下呂市の魅力を発信してまいります。

 

 6月18日(木曜日)  子どもの見守りのための同報無線放送

 

子どもの同報無線放送

▲放送を担当した萩原小学校児童

 

 子どもの登下校の安全確保のため、小中学校の一斉登校が始まった6月9日から、平日15時に子どもたちの見守りを呼びかける同報無線放送を行っています。

 近年、不審者の目撃情報が増加しており、昨年には小学生の連れ去り未遂事件が発生したことから、下呂市・下呂市PTA連合会・下呂警察署が協力してこの取り組みの実施を決定しました。

 放送は月ごとに市内の小学生が担当しています。(6月:下呂小学校、7月:萩原小学校)

 今日は7月担当の萩原小学校児童が録音に来てくれました。自分から立候補して来てくれるので、大変頼もしいです。

 地域の皆さんによる温かい見守りをお願いいたします。

 

 6月11日(木曜日)  愛知県知立市長を表敬訪問(災害時相互応援協定市)

 

知立市

▲知立市長より説明

ちりゅっぴ

▲愛知県知立市長とちりゅっぴ

 

 平成25年11月に災害時相互応援協定を締結し交流している、愛知県知立市を訪問しました。

 林郁夫知立市長と面談し、コロナウイルス感染症対策の情報交換や今後心配される南海トラフ地震に対する備えなど、災害時の人的・物的支援の協力について意見交換しました。 

 プライベートでも下呂温泉にお越しいただいているということで、大変嬉しく思いました。

 

 かきつばたの飾りをつけた馬パーカーを着た「ちりゅっぴ」と一緒に記念撮影しました。あんまきポーチには知立市の魅力がたくさん詰まっているそうです。 

 6月9日(火曜日) 富山県上市町長を表敬訪問(災害時相互応援協定町)

 

富山県上市町長

▲富山県上市町長

 

 平成27年1月に災害時相互応援協定を締結し交流している、富山県上市町を訪問しました。

 中川行孝上市町長と面談し、コロナウイルス感染症対策や災害時の人的・物的支援の協力などについて意見交換しました。 

 上市町は立山連峰の劔岳を有する美しい町でした。丁寧なおもてなしに感謝いたします。

 

 6月5日(金曜日) 下呂市議会6月定例会(初日)

 

市長所信表明

▲所信表明

【 所信表明全文】

 

 本日、市長就任後、初の下呂市議会定例会が開会し6月25日までの会期で開催されます。

 本会議場において発言のお許しをいただき、今後、下呂市政を運営するに当たり、私の所信の一端を申し述べさせていただきました。

 先人が長い時間をかけて築き上げてこられた歴史と文化にあふれた郷土を守り、その発展に尽くすことができるというこの上ない光栄を賜り、ここに、改めて全身全霊を傾けて、市政運営に当たる決意を新たにしたところであります。

市民の皆さまの信頼と負託に応え得るまちづくりに、共にご尽力を賜りますようお願いいたします。

 

 6月4日(木曜日) 下呂市プレミアム食事券の準備をしています

 

下呂市プレミアム食事券

▲下呂市プレミアム食事券

 

 

 新型コロナウイルス感染症対策で延期となっておりました下呂市プレミアム食事券について、6月10日以降市内の各世帯にご案内と引換券を郵送予定です。

 6月15日から販売開始となります。

 一冊7,500円の食事券を5,000円で購入し、市内飲食店の約200店舗で使用できます。

ぜひご活用ください。

 5月29日(金曜日) フラワーフライデー

フラワーフライデー花束

▲フラワーフライデー花束購入

 

 花屋さんを応援するフラワーフライデーで、下呂市役所職員も飛騨のバラを453束購入しました

5月28日(木曜日) 【げろ One Team 作戦】

げろ One Team 作戦

▲げろ One Team 作戦

 

 ふるさと納税を活用したクラウドファンディングを開始しました。

 新型コロナウイルス感染症のまん延により、観光産業を始め地元経済は大きな打撃を受けています。

 応援よろしくお願いします。

 

5月20日(水曜日) お土産品の購入

 
下呂温泉名産会お土産購入
 ▲下呂温泉名産会お土産購入

 

 職員で下呂温泉名産会からお菓子の詰め合わせを購入しました。

 観光自粛により売り上げが減少している観光土産業者の力になれれば、と行ったものです。

 これからもいろんな形で、支援をしていきたいと思います。頑張りましょう。

 

5月18日(月曜日) 合掌村の使途不明金について

 

市長訓示

▲市長訓示

 

 ホームページにてコメントを発表しました。

 このような事態となり、誠に申し訳なく、心からお詫び申し上げます。

  市長コメント

 本日市長訓示を行い、職員に私の思いを伝えました。

 今後は監査や会計システムの見直しをするなど、再発防止に努めます。

 自分の家族や命を大切にして、市民のために思いきり仕事をしてもらえる環境にしていきます。

5月7日(木曜日) マスクの配布が始まりました

下呂市マスク

▲下呂市マスク    

 

 

 金山地区から順次配布となります。5月末頃までに市民の皆様にお届けできる予定です。

 

 感染症対策へのご協力よろしくお願いします。

5月7日(木曜日) 特別定額給付金作業

 

給付金作業

 ▲給付金作業

 

 

 特別定額給付金の準備を進めています。正確に、スピード感を持って、そして丁寧な作業を心がけています。

 

 申請書の郵送での到着は13日頃を予定しています。

 

4月20日(月曜日) 山内市長初登庁

山内市長初登庁

▲山内市長初登庁

職員へ訓示

▲職員へ訓示

 

 任期満了に伴う下呂市長選挙で初当選を果たした山内登市長は、4月20日、下呂市役所に初登庁しました。市民や市職員に拍手で迎えられた山内市長は、職員による花束贈呈後、笑顔であいさつしました。

 その後、市長記章を受領し、市職員を前に「新型コロナウイルスにより全世界、日本中が混迷を極めている中での船出となりましたが、「ワンチーム」「強いリーダーシップ」「夢に向かって」を基本姿勢に、まずは新型コロナウイルス対策をしっかり打ち、コロナウイルスが収束した時には皆と一緒に「明るい、わくわくするような下呂市」を実現させていきたい」と訓示し、山内市政1期目がスタートしました。

 

この情報はお役に立ちましたか?

より良いホームページにするために皆様のご意見をお聞かせください。

このページの情報は役に立ちましたか。
   
このページは見つけやすかったですか。
   
このページにはどのようにしてたどり着きましたか。
       

このページについてのお問い合わせ

[ 秘書広報課 ]
〒509-2295 下呂市森960番地  Tel:0576-24-2222 Fax:0576-25-3250 メールでのお問い合わせ