観光情報

下呂温泉 合掌村

 世界遺産の白川郷がある白川村から移築(1961年に完成した御母衣ダムの建設に伴い、岐阜県大野郡白川村・荘川村の一部230戸が水没することになり、合掌造り民家の保存を求める気運が高まり、全国各地に移築された)した国指定重要有形民俗文化財の「旧大戸家住宅」をはじめ10棟の合掌造りの民家を配置する観光施設です。

合掌村全景 合掌村全景

歳時記の森(さいじきのもり)
2010年夏。下呂温泉合掌村に新しいスポットが誕生しました。

 「日本の田舎」の情景というと、田園風景のなかに古民家があり、春は桜・秋はもみじが里山に色を添える姿が連想されます。ここは、そんな「日本の田舎」を再現しました。


萬古庵(ばんこあん)

歳時記の森にある古民家を萬古庵と言います。この地方独特の建物で「いつまでも永久に続くように…」という願いを込めて命名されました。日本人にも懐かしい「田舎」を味わうことができます。

旧大戸家住宅 旧大戸家住宅
合掌の里(がっしょうのさと)

旧大戸家住宅(きゅうおおどけじゅうたく)

この合掌造り家屋は、天保4年(1833年)から弘化3年(1846年)までの13年間という長い年月をかけて造営されたことが棟札に記されています。釘やカスガイ類をまったく使わず、荒縄や「ネソ(マンサク科のミズキ)」などで木材を固くしばり、組み立てられている点がこの建物の特徴で、合掌造りでは最大級の規模を誇ります。

旧大戸家住宅 旧大戸家住宅

影絵昔話館 しらさぎ座

下呂市・下呂温泉に伝わる伝説、昔話を影絵劇で上映する施設です。繊細なデザインと柔らかい色調の影絵動画を楽しむことができます。

しらさぎ座外観
【しらさぎ座外観】
影絵
【影絵】
影絵
【影絵】

合掌の足湯

旧大戸家住宅の前にある足湯。村内の散策の後に足湯に入って、疲れた足を癒していただくことができます。

合掌の足湯 合掌の足湯

民芸の郷(みんげいのさと)

斐騨陶房(ひだとうぼう)

素焼きの茶碗や一輪差し、コーヒーカップの絵付けが体験できます。自分だけの手作りの焼き物を作ることができます。

斐騨陶房 斐騨陶房

漉倉(すきくら)

日本の昔ながらの和紙作りを体験することができ、1時間ほどで仕上げられ、お土産、思い出づくりを行うことができます。

漉倉 漉倉

市倉(いちくら)

地味噌、漬物などの飛騨の素朴な特産物の即売コーナーです。また、アマゴの塩焼きや甘酒、この地方の特産こんにゃくの刺身を味わうことができます。

市倉 市倉


料金 大人800円
小人(小・中学生)400円
営業時間 8:15〜17:00
所在地 〒509-2202 岐阜県下呂市森2369
アクセス JR高山本線 下呂駅より濃飛バスふるさとの杜行き7分「合掌村」下車すぐ
電話番号 0576-25-2239
地図

下呂温泉博物館

 温泉に関する資料などを展示した博物館。白壁土蔵造りの平屋2棟に、下呂温泉をはじめとする全国の温泉に関する歴史資料、地図などを展示。温泉が湧き出るしくみや泉質を解説したパネルなども展示しています。

下呂発温泉博物館 下呂発温泉博物館


料金 大人400円
小人(小学生)200円
営業時間 9:00〜17:00
定休日 毎週木曜日
所在地 〒509-2207 岐阜県下呂市湯之島543-2
電話番号 0576-25-3400
地図

湯の街ギャラリー 木精(こだま)

 下呂市在中の版画家 福井正郎先生の作品を展示。10枚以上の版木を彫って重ね刷りした版画は、自然の美しさを繊細・緻密に表現しています。

木精 木精


料金 無料
営業時間 9:00〜21:00
定休日 年末年始
所在地 〒509-2207 岐阜県下呂市湯之島837-2
電話番号 0576-25-7655
地図

湯の街ギャラリー さんぽ道

 下呂温泉絵手紙コンクールの作品約700点を展示。先生の指導で絵手紙、押し花体験ができ(土・日曜日)、自由に絵手紙を描くこともできます。

さんぽ道 さんぽ道


料金 無料
営業時間 9:00〜21:00
定休日 年末年始
所在地 〒509-2207 岐阜県下呂市湯之島554-1
電話番号 0576-25-6611
地図

南ひだ健康道場

 自然に触れながら薬草染めや太極拳、そば打ちなどユニークな健康体験が楽しめます。森林散歩道で散策も楽しむことができます。

南ひだ健康道場
【南ひだ健康道場】
そば打ち
【そば打ち】


料金 体験内容によって異なります。詳しくはお問い合わせください。
営業時間 9:00〜17:00
定休日 毎週火曜日
所在地 〒509-2502 岐阜県下呂市萩原町四美1557-3
電話番号 0576-55-0010
地図