ページの先頭です
三名泉と清流でつながる懐かしの風景

ホーム > 温泉 > 濁河温泉の紹介


本文

濁河温泉の紹介

更新日:2015年12月1日このページを印刷する

濁河温泉

濁河温泉全景

濁河(にごりご)温泉は、霊峰御嶽山の飛騨側登山口として知られ、標高1,800mでの通年営業温泉街としては、日本でも有数の高所温泉地です。

明治20年ごろから温泉宿地として開拓され、登山者が宿泊できるようになったといわれ、昭和30年に久々野から秋神温泉を経て濁河温泉までの車道通行が可能となり、宿泊温泉地となりました。

昭和33年には小坂側からの道路も完成し、より多くの観光客が訪れるようになりました。秘湯ムードが漂い、原生林が生い茂る中、野趣豊かな温泉気分に浸れます。 

平成19年には高地トレーニング施設「御嶽パノラマグラウンド」がオープン。全天候型400mトラック6コース、500mのウッドチップランニングコースを擁すもので、霊峰御嶽山を望み、広大かつ豊かな大自然に恵まれており、高地トレーニングの場として注目を集めています。

濁河温泉までの道中(県道441号線)は、御嶽パノラマラインと呼ばれ、御嶽山や日本一長い溶岩流が一望できるという絶景スポットです。初夏や紅葉の時期のドライブは特におススメです。

濁河温泉の場所

 住所  岐阜県下呂市小坂町落合濁河
 地図  《 Googleマップ(外部リンク)

温泉の効能

 泉質

 炭酸水素塩泉

 (ナトリウム・カルシウム-炭酸水素塩・硫酸塩温泉)  

 効能  神経痛、動脈硬化症、高血圧症など

交通アクセス

 ○自動車の場合

 (1)下呂温泉から国道41号(高山方面)、県道437号線、県道441号線経由で約120分

 (2)高山から国道41号(下呂方面)、県道437号線、県道441号線経由で約100分

 ※大型バス(8m以上)の通行は不可です。

 ※途中1車線となる場所がございます。また、山道のためカーブが多く、スピードの出しすぎにはご注意ください(実際の交通規制に従ってください)。

 ○JRの場合

 (1)JR高山本線飛騨小坂駅下車 

 (2)JR高山本線下呂駅下車 

 ※濁河温泉までの路線バスはございません。ご宿泊される旅館によっては駅までお迎えにあがるサービスがございますので、各旅館にお問い合わせください。

 ※JR高山本線飛騨小坂駅下車、タクシーをご利用で濁河温泉まで1時間20分、料金はおよそ12,000から13,000円。タクシーの台数に限りがあるため、1週間から5日前までには予約が必要となります。

 宿泊施設のご案内

 宿泊施設については下記にお問合せください

  下呂市総合観光案内所 Tel:0576-25-4711

  飛騨小坂商工会(飛騨小坂観光協会) Tel:0576-62-2176   飛騨小坂商工会ホームページ(外部リンク)

 ※濁河温泉のほか、下島温泉・湯屋温泉の旅館情報も含まれています。

濁河温泉の日帰り温泉施設

 【濁河温泉 市営露天風呂】 

濁河温泉私営露天風呂

 濁河温泉の中心地にある市営の露天風呂で、男女別に大きな浴槽がある。野趣あふれる温泉。

 場所  岐阜県下呂市小坂町落合
 営業時間

 9時から17時

 4月中旬から11月中旬まで営業。

 (※天候により営業終了日が変更となる場合がございます。下記までお問合せください。)

 ※平成26年度は4月18日(金曜日)からの営業中でした。

 定休日  期間中はなし。(※天候により営業中止。11月中旬から4月中旬は休み)
 入浴料金  大人500円、小学生300円
 駐車場 20台(無料)、大型バス不可 
 問合先

 濁河温泉市営露天風呂

 Tel:0576-62-3373(営業期間中のみ)

 ※つながりにくい場合がございます。

 備考  シャンプー、石けん 浴室に常備 タオル(200円)

この情報はお役に立ちましたか?

より良いホームページにするために皆様のご意見をお聞かせください。

このページの情報は役に立ちましたか。
   
このページは見つけやすかったですか。
   
このページにはどのようにしてたどり着きましたか。
       

このページについてのお問い合わせ

[ 観光課 ]
〒509-2202 下呂市森960番地  Tel:0576-24-2222 Fax:0576-25-3252