ページの先頭です
三名泉と清流でつながる懐かしの風景

ホーム > 観光・自然 > ホタル情報


本文

ホタル情報

更新日:2017年6月22日このページを印刷する

下呂市門和佐地内を流れる門和佐川、下呂市金山町菅田桐洞地内を流れる菅田川でゲンジボタルの群棲を見ることができます。ゲンジボタルは、ホタルの中でも体長が大きく、そして強い光を放ちます。特に門和佐川のゲンジボタルは昭和44年に岐阜県の天然記念物に指定されました。

市内のホタル出現状況(2017年6月22日現在)

例年の状況】どんよりとした湿っぽい日で、気温が20℃をこえる夜はホタルの出現率が高いです。

【2017年の状況】気温が低く、例年よりホタルの飛ぶ時期が遅くなりそうです。蒸し暑い夜はよく飛びます!

◆菅田川(下呂市金山町菅田桐洞):飛来のピークを迎えてます。

 20時から22時頃が一番の見頃です。 

(2016年は6月20日頃がピークでした。)

◆門和佐川(下呂市門和佐-火打):ホタルの飛来時期は始まっていません。 

 20時から21時頃が一番の見頃です。見頃は、7月中旬です。

(2016年は6月25日頃がピークでした。)

※途中、非常に狭くなる場所がございます。走行には十分にお気を付け下さい。

◆馬瀬川(馬瀬西村):ホタルの飛来時期は始まっていません。 

 20時から21時頃が一番の見頃です。見頃の時期は、7月中旬のようです。

 (2016年は6月30日頃がピークでした。)

※この時期はマムシがでます。むやみに川原に近づくのは危険ですのでご注意ください。

※水量が多い日はホタルの出現量が減少します。

 

ホタルの名所

菅田川のホタル

菅田川のゲンジボタル

場所 下呂市金山町菅田桐洞地内を流れる川
地図 Googleマップ(外部リンク)
ホタルが舞う時期と時間帯 毎年6月中旬から下旬の20時から22時頃
アクセス(自動車の場合)

下呂温泉街から国道41号、県道58号線経由で約45分

 富加関ICから県道58号線で約30分

門和佐川のホタル

門和佐川のゲンジボタル

場所 下呂市門和佐地内、火打地内を流れる川
地図 Googleマップ(外部リンク)
ホタルが舞う時期と時間帯 毎年6月下旬(6月20日頃)から7月上旬の20時から21時頃
アクセス(自動車の場合) 下呂温泉街から国道41号、県道432号線経由で約30分

 

馬瀬川(馬瀬西村)のホタル

場所 下呂市馬瀬西村 道の駅「馬瀬美輝の里」、「西村ダム」付近
地図 Googleマップ(外部リンク)別ウィンドウで開きます
ホタルが舞う時期と時間帯 毎年6月中旬から7月中旬の20時から21時頃
アクセス(自動車の場合) 下呂温泉街から国道41号、県道431号線経由で約30分

ホタル観賞についてのお願い 

  • ホタルに危害を加えたり、生態系を壊すような行為は決して行わないでください。
  • ゴミは必ずお持ち帰りください。
  • お車で行かれる場合は、道幅が狭くなっておりますのでご注意ください。
  • 駐車される場合は、他の車等十分にご注意ください。 

 毎年、綺麗なホタルを見るためにも、皆様のご協力をよろしくお願い申し上げます。

関連ファイルダウンロード

 地図を掲載しましたので以下のPDFファイルをご参照ください。

この情報はお役に立ちましたか?

より良いホームページにするために皆様のご意見をお聞かせください。

このページの情報は役に立ちましたか。
   
このページは見つけやすかったですか。
   
このページにはどのようにしてたどり着きましたか。
       

Adobe Readerダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください(無料)。

このページについてのお問い合わせ

[ 観光課 ]
〒509-2202 下呂市森960番地  Tel:0576-24-2222 Fax:0576-25-3252