ページの先頭です
三名泉と清流でつながる懐かしの風景

ホーム > 観光・自然 > 市内紅葉情報


本文

市内紅葉情報

更新日:2016年12月5日このページを印刷する

市内紅葉情報

市内の北と南で標高差が約2,800メートルある下呂市では、約1ヶ月間に渡って紅葉が楽しめます。

紅葉を楽しみながらドライブや温泉、そして秋の味覚を堪能してくださいね♪

市内の主な紅葉スポット

 場所については添付の紅葉マップをご覧ください。

 

≪表中、状況の表現方法について≫

 1.色づき前 2.色付きはじめ 3.見頃 4.色あせ始め 5.落葉6.終了

 ※見ごろの時期については、気象条件等あり例年だいたい20日間ほどです。

 名称

 例年の様子

 (画像)

 例年の見頃

現在の状況

場所

 1.御嶽パノラマライン

小坂エリア
パノラマライン紅葉

濁河温泉へ向かう県道から御嶽山を眺めながらドライブが楽しめます。澄んだ空気と手付かずの自然が堪能できます。

道中には大平展望台があり、御嶽山の噴火により流出した長さ日本一の溶岩流の跡を一望できます。 【飛騨・美濃紅葉33選】 

 

10月上旬から
終了別ウィンドウで開きます

 

場所:小坂町落合

国道41号線を高山方面へ、『矢ヶ野』三叉路手前で左折、県道88号線に入り朝六橋を渡ってすぐ右折し県道437号線へ。その先『落合』交差点を直進し県道441号線で鈴蘭口三叉路を右折して濁河方面へ車で約30分で大平展望台。

 《 Googleマップ(外部リンク)

2. 巌立峡

小坂エリア
巌立峡紅葉

御嶽山の溶岩で形成された絶壁「巌立」と紅葉の壮大なコントラストが魅力的です。

周辺の「がんだて公園」内三ツ滝に繋がる滝見遊歩道も散策が楽しめます。 【飛騨・美濃紅葉33選】 

 

10月下旬から
終了別ウィンドウで開きます

 

場所:小坂町落合

国道41号線を高山方面へ、『矢ヶ野』三叉路手前で左折、県道88号線に入り朝六橋を渡ってすぐ右折し県道437号線へ。その先『落合』交差点を直進し300m右にある中川原橋を渡り約1.5kmで左手のがんだて公園。

 《 Googleマップ(外部リンク)

 3.川上岳

萩原エリア
川上岳

標高1,626m。山頂近くにはドウダンツツジの群生があり、紅葉シーズンには多くの登山客で賑わいます。

山頂に高木はなく、大パノラマが楽しめます。

登山道入口から山頂まで約5km。(所要時間約2時間30分)。毎年10月10日前後が見頃です。 

 

10月中旬から

 

場所:萩原町山之口

国道41号線を高山方面へ、『上呂』交差点を左折、浅水大橋を渡り、県道88号線、99号線を北へ9.5km先、山之口地区にある民宿位山荘を目印に向かう。そこから林道(未舗装)を5km進むとゲートがあり、登山口となる。

 《 Googleマップ(外部リンク)

 4.位山官道「匠の道」

萩原エリア
位山官道「匠の道」

6世紀頃、飛騨の匠達が京の都へと向かう際に通った旧官道です。

現在は復元整備されましたが、歴史を偲ばせる石畳がところどころにあり、古のロマンに思いを馳せながら紅葉散策ができます。

例年は10月末頃が見頃です。 

 

10月下旬から

 

場所:萩原町山之口

国道41号線を高山方面へ、『上呂』交差点を左折、浅水大橋を渡り、県道88号線、98号線を北へ11.5km先、道沿いに入口を表示した看板と四阿がある。

 《 Googleマップ(外部リンク)

 5.馬瀬川河畔(老谷・清流大橋・美輝の里付近)

馬瀬エリア
馬瀬川の紅葉

馬瀬地区を南北に流れる清流馬瀬川。ボンネットバスに揺られて馬瀬川河畔の紅葉狩りをすることができます。

赤や黄色のグラデーションからなる紅葉のトンネルを通過すれば、気持ちが華やぎます。 

 

10月中旬から
終了別ウィンドウで開きます

 

場所:馬瀬

国道41号線を高山方面へ、『花池南』交差点を右折し国道257号線へ入り、新日和田トンネルを出てすぐを左折し、道なりに約7km(10分)で現地。

 《 Googleマップ(外部リンク)

 6.温泉寺

下呂エリア
温泉寺紅葉ライトアップ

173段の階段を登り、見上げれば瓦葺の境内や渡り廊下と重なって、枝を張ったモミジやカエデが美しい姿を見せます。

夜間には地元の方によるライトアップも開催されます。   ライトアップ有  

 

11月中旬から
終了別ウィンドウで開きます

 

場所:湯之島

国道41号線を高山方面へ、「森」交差点左斜め前歓迎アーチをくぐり、温泉街方面へ下り約500m先右の白鷺橋を渡り300m直進し、交差点をさらに直進したすぐ先の三叉路を右に進み、道なり300m先境内。

 《 Googleマップ(外部リンク)

 7.湯のまち雨情公園

下呂エリア
雨情公園紅葉

温泉街の程近くに位置する公園。清流が公園の中央を流れ、河のせせらぎを聞きながらのんびり紅葉散策ができます。

歌謡詩人 野口雨情が来遊した際に作った下呂小唄にちなんで名付けられた公園です。 

 

11月上旬から
終了別ウィンドウで開きます

場所:森

国道41号線を高山方面へ、『森』交差点を右折しすぐ先の三叉路を左に入り80m先に雨情公園入口。

 《 Googleマップ(外部リンク)

 8.下呂温泉合掌村

下呂エリア
合掌村の紅葉

世界遺産の白川郷のある白川村から移築した国指定重要有形民俗文化財の「旧大戸家住宅」をはじめ10棟の合掌家屋を備える観光施設。

2010年夏には桜と紅葉の『歳時記の森』がオープン。紅葉の木々を見ると、昔懐かしい秋の風景を思い出します。 【飛騨・美濃紅葉33選】 

 

11月上旬から
終了別ウィンドウで開きます

 

場所:森

国道41号線を高山方面へ、『森』交差点を右折し約400m先現地。

 《 Googleマップ(外部リンク)

 9.岩屋ダム

下呂エリア
馬瀬エリア
岩屋ダム湖

日本でも有数の美しさを誇るロックフィル式ダム。

澄み切ったスカイブルーと湖畔の新緑、水面に映る赤や黄色の広葉樹が鮮やかに彩られます。

そのまま上流方面へ進めば馬瀬川河畔へ通じます。 【飛騨・美濃紅葉33選】 

 

11月上旬から
終了別ウィンドウで開きます

場所:金山町卯野原

JR高山本線飛騨金山駅下車、げろバス祖師野線、げろバス戸川線八坂停留所下車、徒歩50分。

 《 Googleマップ(外部リンク)

 

 10.中山七里

下呂エリア
金山エリア
中山七里の紅葉(下原ダム)

その渓谷美は四季の景観に富んだ景勝地として知られ、飛騨木曽川国定公園に指定されています。

マイカーやJRの車窓から見る木々の紅葉や奇岩怪石に心を奪われながら、

およそ28kmの道程をお楽しみください。 【飛騨・美濃紅葉33選】 

 

11月中旬から
終了別ウィンドウで開きます

 

場所:三原から金山町

国道41号線三原地区の「帯雲橋」交差点から国道41号線沿い飛騨金山までの約28km区間。

 《 Googleマップ(外部リンク)

 11.玉龍寺

金山エリア
【玉龍寺】地元では「もみじ寺」とも呼ばれている

江戸初期に飛騨国主であった金森長近が再興した寺院。地元ではもみじの美しさから「もみじ寺」と呼ばれています。

100本を超える5種類のもみじが境内を真っ赤に染め上げ、心を躍らせます。 

 

11月中旬から下旬
終了別ウィンドウで開きます

 

場所:金山町中切

国道41号線を高山方面へ、金山トンネルを越え『中切』交差点を直進してすぐの交差点を左折、約300m先山裾現地。

 《 Googleマップ(外部リンク)

 12.横谷峡

金山エリア
横谷峡白滝の紅葉

白滝・二見滝・紅葉滝・鶏鳴滝の4つの雄大な滝があり、飛騨木曽川国定公園に指定されています。

荒々しい岩と、勢いある水しぶきとともに紅葉を楽しめます。 

 

11月中旬から
終了別ウィンドウで開きます

 

場所:金山町横谷本洞

国道41号線を高山方面へ、『下妙見町』交差点を左折、国道256号約2.5km先の白山神社手前を左折約600m先に駐車場。

 《 Googleマップ(外部リンク)

 

 ※昨年の画像について、毎年同じアングルで撮影をしているため「見慣れた」画像となっているかもしれませんが、実際にHP担当者が撮影をしに行った物を掲載しております。

 

 関連ファイルダウンロード

関連情報リンク

 

この情報はお役に立ちましたか?

より良いホームページにするために皆様のご意見をお聞かせください。

このページの情報は役に立ちましたか。
   
このページは見つけやすかったですか。
   
このページにはどのようにしてたどり着きましたか。
       

Adobe Readerダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください(無料)。

このページについてのお問い合わせ

[ 観光課 ]
〒509-2295 下呂市森960番地  Tel:0576-24-2222 Fax:0576-25-3252