ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
下呂市ホームページ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 市政情報 > 市の取り組み > その他の取り組み > 下呂市不祥事再発防止委員会報告書について

本文

下呂市不祥事再発防止委員会報告書について

記事ID:0010481 更新日:2021年3月19日更新 印刷ページ表示
<外部リンク>
 令和2年5月、本市が運営する観光施設「下呂温泉合掌村」で使途不明金が発覚し、調査の結果、元職員が9年間にわたって2億6千万円もの着服を行っていたことが判明しました。

 市では今回の事態を重く受け止め、不祥事の再発と市民の皆さんからの信頼回復に努めるため、下呂市不祥事再発防止委員会を庁内に設置し、原因の解明と問題点の洗い出しおよび再発防止策と職員としての倫理向上に向けた取り組みについて協議を重ね、その結果を再発防止対策含めた報告書としてまとめ、職員の基本的意識や組織として不祥事を起こさない仕組みを明確にするため職員行動指針と不祥事再発防止マニュアルも策定しました。

 今後、職員一人ひとりがこの再発防止策に基づく取り組みを進め、二度とこのような不祥事を起こすことのないよう、また、一日も早く市民の皆さんからの信頼を回復できるよう努めていきます。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)