ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
下呂市ホームページ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 市政情報 > 市政運営・行政改革 > 選挙 > 第26回参議院議員通常選挙について

本文

第26回参議院議員通常選挙について

記事ID:0016396 更新日:2022年6月22日更新 印刷ページ表示
<外部リンク>

1.お知らせ

2.選挙の概要

3.期日前投票

4.仕事や旅行先などの他市町村での不在者投票

5.郵便による不在者投票

6.新型コロナウイルス感染症患者の不在者投票

7.病院、老人ホーム等の施設での不在者投票

8.開票所

1.お知らせ

<投票所の変更について>

前回選挙(令和3年10月31日執行衆議院議員総選挙および最高裁判所裁判官国民審査)から一部、投票所が変更しています。

湯之島投票区

  変更前 変更後
投票区 湯之島投票区 森・幸田・湯之島投票区
投票所 湯之島消防詰所投票所 下呂市役所 下呂庁舎
時間 7時00分~19時00分 7時00分~20時00分

 

尾崎第2投票区

  変更前 変更後
投票区 尾崎第2投票区 尾崎第2投票区
投票所 尾崎小学校ランチルーム あさんず会館 2階ホール
時間 7時00分~19時00分 7時00分~19時00分

 

<投票所入場券について>

混雑を避けるため、事前に投票所入場券の「宣誓書」欄に必要事項を記入してから、投票所へご来場ください。また、投票所入場券は、ご自分の投票所入場券を切り取り線に沿って切り離してから投票所へお持ちください。

投票所入場券をお忘れになった場合は、白紙の投票所入場券に氏名、住所、生年月日等を記入の上、本人確認ができる証明書等を提示していただくことで、投票いただけます。

※新型コロナウイルス感染症対策により混雑を避けるため期日前投票をされる場合、投票所入場券の宣誓書欄は「6号 天災、悪天候等」に〇を付けてください。

投票所入場券

<新型コロナウイルス感染症対策について>

1. ご協力のお願い

・混雑を避けるため、期日前投票をご活用ください。また、期日前投票をされる際は、滞留時間の短縮のため、投票所入場券の「宣誓書」欄に必要事項を記入の上、ご来場ください。

・マスクの着用をお願いします。

・投票所内では、手指消毒の実施、周りの方との距離を保つようお願いします。

・えんぴつ等をお持ちいただければ、ご自分の筆記具で投票用紙に記入していただくこともできます。

・ご来場の際は、携帯電話で「岐阜県感染警戒QRシステム」の登録をお願いします。

※登録することで、感染者が発生した際に情報メールが届きます。

2. 投票所が実施する感染症対策

・投票管理者等、マスクの着用および手指消毒の実施

・定期的な換気の実施

・記載台等の定期的な消毒

・飛沫感染予防用衝立の設置

・混雑情報の提供(「混雑情報」をご覧ください。)

混雑情報(前回選挙・期日前) [PDFファイル/313KB]

混雑情報(前回選挙・投票日) [PDFファイル/341KB]

 

2.選挙の概要

第26回参議院議員通常選挙は、下記の日程で実施されます。

<選挙の日程について>

公示日:令和4年6月22日(水曜日)

投票日:令和4年7月10日(日曜日) 7時から(終了時間は投票所ごとに異なります。)

投票所:「投票所一覧」をご覧ください。投票所一覧 [PDFファイル/99KB]

 

<投票対象者について>

・下呂市の選挙人名簿に登録がされている方

・18歳以上の方(平成16年7月11日までに生まれた方)

・令和4年3月21日以前に下呂市に転入した方で、住民票が作成された日から引き続き3か月以上住民基本台帳に記録された方

 

3.期日前投票

投票日当日に仕事や旅行で投票できない方は、期日前投票を活用ください。いずれの会場でも投票できます。

期日前投票所
投票所 期間 時間
下呂市民会館

令和4年6月23日(木曜日)から

令和4年7月9日(土曜日)

8時30分から

20時00分

星雲会館、小坂振興事務所、金山振興事務所

令和4年6月29 日(水曜日)から

令和4年7月9日(土曜日)

8時30分から

20時00分

馬瀬中央公民館

令和4年7月4日(月曜日)から

令和4年7月9日(土曜日)

8時30分から

20時00分

竹原公民館、上原診療所、中原公民館

令和4年7月7日(木曜日)から

令和4年7月9日(土曜日)

8時30分から

17時00分

 

4.下呂市以外の滞在先(他市町村)で不在者投票

下呂市に住民票を有していながら、仕事や旅行等の理由により下呂市以外の場所に滞在している方は、滞在先の選挙管理委員会で不在者投票をすることができます。

※下呂市に住所を有しており、下呂市の選挙人名簿に登録されていること等が条件となります。

投票の方法について

滞在先の選挙管理委員会において不在者投票を行う場合は、以下の手順で行うことになります。

1. 投票用紙等を下呂市選挙管理委員会へ請求します。

     投票用紙等は、以下の方法で請求できます。

    【郵送等により投票用紙等を請求】

 「不在者投票宣誓書兼請求書」に必要事項を自筆で記入し、直接、または郵送により下呂市選挙管理委員会に提出します。

  <様式のダウンロードについて>

    不在者投票宣誓書・請求書 [Wordファイル/45KB]

    見本)不在者投票宣誓書・請求書 [Wordファイル/43KB]

    【オンラインにより投票用紙等を請求】

以下のオンラインフォームに必要事項を入力し、下呂市選挙管理委員会に請求します。

申請には本人確認を行うために電子認証アプリXid(クロスID)とマイナンバーカードが必要になります。

アプリのインストール、本人認証手順の詳細はオンラインフォームをご確認ください。

<オンラインフォーム>

  不在者投票請求フォーム<外部リンク>

    https://logoform.jp/form/Hps3月10日1980

 

2. 投票用紙、不在者投票用封筒(内封筒・外封筒)、不在者投票証明書が滞在先に郵送されます。

3. 送られてきた投票用紙、不在者投票用封筒(内封筒・外封筒)、不在者投票証明書を滞在先の選挙管理委員会に持っていきます。

注)封筒を開封したり、記載すると無効となっていまいますので、そのまま滞在先の選挙管理委員会へ持っていってください。

4. 滞在先の選挙管理委員会が、下呂市選挙管理委員会へ投票用紙を送付して完了となります。

※投票用紙等がお手元に届いてから、滞在先の選挙管理委員会へ事前に連絡いただけると円滑に投票が行えます。

 

投票の場所について

滞在先の選挙管理委員会が開設している投票場所で投票になります。場所については滞在先の選挙管理委員会にお問い合わせください。

 

投票の期間および時間について

不在者投票のできる期間および時間については、以下のとおりです。

期間:令和4年6月23日(木曜日)から令和4年7月9日(土曜日)まで

時間:8時30分から17時00分まで

※投票用紙を郵送するため時間がかかりますので、早めに手続きください。

 

<投票の際に持ってくるものについて>

投票用紙、不在者投票用封筒(内封筒・外封筒)、不在者投票証明書(開封厳禁)

※持ち物はすべて、不在者投票の請求後に選挙管理委員会が請求者に郵送したものになります。

 

5.郵便による不在者投票

身体に重度の障がいがある方、戦傷病者手帳の交付を受けている方および介護保険法上の要介護5の方には、「郵便による不在者投票」の制度があります。

<郵便による不在者投票のできる方について>

郵便による不在者投票のできる方は、身体の障がいの程度が次のいずれかに該当する方です。

1. 身体障がい者手帳の交付を受けている方

障がい名

1級

2級

3級

両下肢、体幹、移動機能の障がい

心臓、じん臓、呼吸器、ぼうこう、直腸、小腸の障がい

免疫、肝臓の障がい

2. 戦傷病者手帳の交付を受けている方

障がい名

特別項症

第1項症

第2項症

第3項症

両下肢、体幹の障がい

心臓、じん臓、呼吸器、ぼうこう、直腸、小腸、肝臓の障がい

3. 介護保険の被保険者証の交付を受けている方

要介護区分:要介護5

 

<投票の方法>

郵便による不在者投票を行う場合は、以下の手順で行うことになります。なお、投票に先立って郵便等による不在者投票ができる者であることを証明する「郵便等投票証明書」の交付を、あらかじめ下呂市選挙管理委員会へ請求する必要があります。

1. 選挙管理委員会から「郵便等投票証明書」の交付を受けている選挙人に「投票用紙等の請求書」が送られてきます。

2. 「投票用紙等の請求書」に必要事項を記入し(選挙人自身の署名欄があります)、「郵便等投票証明書」を同封して令和4年7月6日(水曜日)までに必着するよう返送ください。

3. 投票用紙、不在者投票用封筒(内封筒・外封筒)、返信用レターパックがご自宅に郵送されます。(令和4年6月23日(木曜日)以降)

4. 投票用紙に記載します。

5. 内封筒に投票用紙を入れて封をします。

6. 外封筒に内封筒を入れて封をし、外封筒に署名します。

7. 返信用レターパックに、署名した外封筒を入れ郵送します。(令和4年7月10日(日曜日)までに必着するよう郵送してください。郵便等投票証明書の返送は不要です。)

※3から7については、必ず郵送での手続きとなります。

 

6.新型コロナウイルス感染症患者の不在者投票

新型コロナウイルス感染症により宿泊・自宅療養等をしている方で、一定の要件に該当する方は、「特例郵便等投票」ができます。

<特例郵便等投票の対象となる方>

以下に示す「特定患者等」に該当する選挙人で、投票用紙等の請求時において、外出自粛要請または隔離・停留の措置に係る期間が投票をしようとする選挙の期間の公示または告示の日の翌日からこの選挙の当日までの期間にかかると見込まれる方は、特例郵便等投票ができます。

「特例患者」とは

(1) 感染症の予防および感染症の患者に対する医療に関する法律第44条の3第2項または検疫法第14条第1項第3号の規定による外出自粛要請を受けた方

(2) 検疫法第14条第1項第1号または第2号に掲げる措置(隔離・停留の措置)により宿泊施設内に収容されている方

※濃厚接触者の方は、特例郵便等投票の対象ではありません。また、投票のために外出することは、不要不急の外出には該当せず、投票所で投票することは可能です。

 

<投票の方法について>

特例郵便等投票を行う場合は、以下の手順で行うことになります。なお、「特例郵便等投票請求書」は4日前(必着)までに下呂市選挙管理委員会へ請求ください。

1. 「特例郵便等投票請求書」に必要事項を自筆で記入し、「外出自粛要請等の書面」を同封のうえ、郵送により下呂市選挙管理委員会に提出します。

2. 投票用紙、不在者投票用封筒(内封筒・外封筒)、返信用封筒が現存する場所に郵送されます。

4. 投票用紙に記載します。

5. 内封筒に投票用紙を入れて封をします。

6. 外封筒に内封筒を入れて封をし、外封筒に署名します。

7. 返信用封筒に、署名した外封筒を入れ郵送します。(令和4年7月10日(日曜日)までに必着する郵送してください。

<注意事項>

(1)請求書・投票の記載にあたっては、作業前に必ず手指衛生を行うとともに、マスクや清潔な使い捨て手袋を着用してください。

(2)請求書・投票を郵送する場合は、受取人払郵便物の表示をした封筒に封入し、更にファスナー付きの透明ケース等に封入し、このケース表面を消毒してください。

(3)自宅療養者が請求書・投票を投函する場合は、同居人や知人等(患者でない方)に投函を依頼してください。

<罰則>

特例郵便等投票の手続きにおいては、公正確保のため、他人の投票に対する干渉や、なりすましなど詐偽の方法による投票について、公職選挙法上の罰則(投票干渉罪(1年以上の禁固または30万円以下の罰金)、詐偽投票罪(2年以下の禁固または30万円以下の罰金))が設けられています。

特例郵便等投票請求書 [Wordファイル/32KB]

記載例)特例郵便等投票請求書 [PDFファイル/224KB]

特例郵便等封筒(下呂市選挙管理委員会行き) [PDFファイル/659KB]

特例郵便等投票制度および請求方法周知チラシ [PDFファイル/588KB]

7.病院、老人ホーム等の施設での不在者投票

入院、入所中の病院や老人ホームなどで、不在者投票ができます。ただし、岐阜県の選挙管理委員会が指定した施設に限ります。

<投票の方法について>

1. 施設の長(不在者投票管理者)に、投票用紙の請求をします。

2. 施設の長(不在者投票管理者)が、選挙人の属する市町村の選挙管理委員会に対して、代理で投票用紙等の請求をします。

3. 選挙管理委員会は、施設の長(不在者投票管理者)に対して、選挙人の投票用紙等を交付します。

4. 公示日(6月22日)の翌日以降、選挙人は、施設の長(不在者投票管理者)の管理のもとで投票します。

5. 施設の長(不在者投票管理者)は、投票済みの投票用紙等を選挙人の属する選挙管理委員会へ送ります。

※選挙人自らが、選挙人の属する選挙管理委員会に投票用紙を請求することもできます。

 

8.開票所

日時:令和4年7月10日(日曜日) 21時00分~

場所:下呂小学校 体育館(下呂市森297番地)

※開票は参観することができます。ただし、入場制限を行う場合がありますので、ご了承ください。

 


〒509-2295 下呂市森960番地

下呂市選挙管理委員会事務局(下呂市役所総務課内)

電話 0576-24-2222(代表)

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)