ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
下呂市ホームページ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 総務部 > 市民課 > 低所得の子育て世帯に対する生活支援特別給付金(ひとり親以外の世帯分)について

本文

低所得の子育て世帯に対する生活支援特別給付金(ひとり親以外の世帯分)について

記事ID:0012801 更新日:2021年6月11日更新 印刷ページ表示
<外部リンク>
新型コロナウィルス感染症の影響が長期化する中、負担の増加や収入が減少している低所得の子育て世帯のうち、ひとり親世帯以外の子育て世帯の生活を支援するため、特別給付金を支給します。

対象となる方

(1)(2)の両方に当てはまる方
※ひとり親世帯分の給付金を受け取った方を除く
(1) 令和3年3月31日時点で18歳未満の児童(障がい児の場合、20歳未満)を養育する父母等(令和4年2月末までに生まれたお子さんも対象となります)
(2) 「令和3年度住民税が非課税の方」または「令和3年1月1日以降の収入が急変し、住民税非課税相当の収入となった方」

支給額

児童1人あたり一律5万円

給付金の支給手続きについて

令和3年4月分の児童手当または特別児童扶養手当の受給者で令和3年度住民税非課税の方

・給付金は申請不要で受け取れます。
・対象となる方へは、個別でお知らせした後、令和3年4月分の児童手当または特別児童扶養手当の振込口座に給付金を振り込みます。
・修正申告等により住民税が非課税でなくなった等、支給要件に該当しなくなった場合は、給付金を返還していただくことがあります。
・給付金の受け取りを希望されない場合は、「給付金受給拒否の届出書」を6月21日(月曜日)までにご提出ください。
・指定口座への振り込みが口座解約等によりできない場合、本給付金が支給されませんので、「支給口座登録等の届出書」にて令和4年2月28日(月曜日)までに口座変更等の手続きをしてください。

上記以外の方(例:高校生のみ養育している方、収入が急変した方)

・給付金を受け取るには申請が必要です。
・収入が急変した方については、1年間の収入所得見込額が一定の基準を下回っているか審査しますので、令和3年1月以降の収入所得金額がわかる書類等をご準備いただく必要があります。
・申請いただいた内容を確認し、支給要件を満たしていればご指定の口座に給付金を振り込みます。

届け出・申請書類

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)