ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
下呂市ホームページ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 救急・消防・防災・安全 > 防災 > 防災マップ・避難所 > 下呂市地震揺れやすさマップ・危険度マップ
現在地 トップページ > 分類でさがす > くらし・手続き > 土地・住宅 > 住宅支援・マイホーム > 下呂市地震揺れやすさマップ・危険度マップ

本文

下呂市地震揺れやすさマップ・危険度マップ

記事ID:0001615 更新日:2019年6月20日更新 印刷ページ表示
<外部リンク>

下呂市では、平成19年度に地震に対する揺れやすさマップ・危険度マップを作成いたしました。

防災マップ[PDFファイル/1.2MB]

揺れやすさマップとは

下呂市に被害を及ぼす地震について、市内での揺れの大きさ(震度)を表したものです。

震度は、100メートル四方の区域ごとに、自身のもつ大きさ(マグニチュード)や震源断層からの距離により計算しました。

「高山・大原断層帯地震」、「阿寺断層帯地震」、「下呂市直下の地震」の三種類を想定し作成しております。

地域の危険度マップとは

地震時に建物が受ける被害(倒壊率)を大字ごとに集計し、その大きさに従った階級(危険度)を付けました。

危険度は、建物年次が古いほど、地震の震度が大きいほど大きくなります。

震度は想定被害地震(「高山・大原断層帯地震」、「阿寺断層帯地震」、「下呂市直下の地震」)による最大値を、約100四方の区域ごとに求めました。

なお、本マップは危険度の計算は平成19年現在の建築物分布地域周辺に限定して行っています。また、個々の住宅・建築物の耐震補強状況は考慮しておりません。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)