ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
下呂市ホームページ

本文

下呂市のごみの出し方

記事ID:0001702 更新日:2021年2月25日更新 印刷ページ表示
<外部リンク>

ルールを守ってごみ出しをしましょう

家庭ごみの出し方ルール

ごみ収集にごみを出されるときには、以下のルールに気を付けてください。

ルールの守られていないごみ袋は収集いたしません。ルールを守り、正しくごみを出しましょう!

1.ごみ袋は収集日当日の午前8時までに出しましょう!

午前8時から収集を開始しますので、それ以降にごみを出されると取り残しの原因になります。

ただし、生ごみなどを前日に出されると、カラスや猫に荒らされたり悪臭の原因になりますので、なるべく当日の午前8時直前に出されるようお願いします。

2.ごみ袋には必ず名前を書きましょう!

 ごみ袋は収集車に載せるまでは個人の責任として取り扱います。

 決められたルールを守っていただくために、名前の記入をお願いします。名前の書かれていないごみ袋は収集いたしません。

3.ごみの分別を徹底しましょう!

ごみの減量化、再資源化のため、分別にご協力をお願いします。分別がされていないごみ袋は収集いたしません。

※詳しい分別方法については、「下呂市ごみ分別表」をご確認ください。

下呂市ごみ分別表[PDFファイル/658KB]

4.ごみ袋の中身は8分目までにしましょう!

ごみ袋の中身が多いと、収集の時に袋が破れやすくなるなど、収集が困難になります。大人一人が片手で持てる程度の重さを目安とし、袋の口元の2か所をしっかりと結んでください。

また、袋が重くなったり悪臭の原因になりますので、生ごみの水切りを徹底してください。

5.ごみ袋は1回につき5袋までにしましょう!

下呂市では、1回の収集に出せるごみ袋は、可燃ごみ・不燃ごみなどを合わせて、合計5袋までです。

大量にごみがある場合は、何回かに分けて出しましょう。自らクリーンセンター等に持ち込むか、市が許可した一般廃棄物収集運搬業者に依頼する方法もあります。

6.その他注意事項

  • 名前が書かれていなかったり、分別がされていないごみ袋は黄色い違反シールを貼ります。シールの指導内容にしたがって、ごみを出し直してください。
  • 平成31年4月より、ラベルがついたまま出されたペットボトルは収集しておりません。ラベル、キャップを取り外して出していただくようご協力をお願いします。

ごみステーション(ごみの集積場所)の管理ルール

ごみ袋は各地区で定められたごみステーションに出しましょう。ごみステーションを適切に使用するため、以下のように管理しましょう。

1.ごみステーションを整とんしましょう!

ごみステーションの中で可燃ごみ袋や不燃ごみ袋、ペットボトル専用袋などがごちゃ混ぜになっていると、取り残しの原因となります。

「可燃ごみは向かって右側、不燃ごみは向かって左側」など各地区でルールを決めて、整えましょう。

2.ごみステーションを清潔に保ちましょう!

ごみステーションは地域の皆さんが共同で使用する場所なので、掃除や出し方のチェックをするなど、常に清潔にしておきましょう。

また、冬場はごみステーションの周囲や収集車の進入路付近の除雪をお願いします。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)