ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
下呂市ホームページ

本文

国民健康保険税の税額算定方法

記事ID:0000323 更新日:2020年6月23日更新 印刷ページ表示
<外部リンク>

国民健康保険税は、医療費等の支払いに充てられる医療給付分、後期高齢者医療制度を支えるための後期高齢者支援分、介護保険料に充てられる介護納付分の3つの区分で成り立っています。3区分それぞれで、所得割額、資産割額、均等割額、平等割額を計算し、合計したものが国民健康保険税の年税額となります。

国民健康保険税の税額算定方法の画像

A 医療給付費 (1)から(4) + B 後期高齢者支援金 (1)・(3)・(4) + C 介護納付金 (1)・(3)・(4) = A+B+C 国民健康保険税年税額

 ※国民健康保険税は市町村によって税率が異なります。

 ※(1)・(2)・(3)・(4)に下記の税率、金額が入ります。

国民健康保険税の税率(令和2年度)
区分 算定方式

A 医療給付費

(0から74歳まで負担)

B 後期高齢者支援金

(0から74歳まで負担)

C 介護納付金

(40から64歳まで負担)

(1)所得割 【前年中の所得-33万円】×税率 6.05% 2.13% 1.59%
(2)資産割 今年度の固定資産税×税率 14.00%
(3)均等割 被保険者1人につき 31,000円 8,900円 9,500円
(4)世帯割 1世帯につき 21,900円 7,500円 5,800円
最高限度額 99万円(1世帯の限度額) 63万円 19万円 17万円