ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
下呂市ホームページ
現在地 トップページ > 分類でさがす > くらし・手続き > 保険・年金 > 国民健康保険 > 国民健康保険被保険者証・高齢受給者証の更新について

本文

国民健康保険被保険者証・高齢受給者証の更新について

記事ID:0012899 更新日:2021年7月1日更新 印刷ページ表示
<外部リンク>

保険証の更新について

毎年8月に、国民健康保険被保険者証の一斉更新をしています。
7月中旬から簡易書留で世帯主様宛に郵送されます。(原則特別な手続きは必要ありません)

届きましたら住所、氏名など記載内容の確認をし、大切に保管していただきますようお願いします。
8月以降、医療機関へ受診される際は、新しい保険証で受診してください。

有効期限は翌年の7月31日までです。
ただし、75歳になられる方の有効期限は75歳の誕生日の前日までとなりますので、ご注意ください。
後期高齢者医療保険の保険証はおおむね誕生日の前月に簡易書留で郵送されます。

高齢受給者証と保険証の一体化について

令和3年7月までは70歳から75歳未満の方に自己負担割合が2割または3割であることを示す「高齢受給者証」を交付していましたが、令和3年8月から被保険者証の利便性向上のため、これまで別々であった「被保険者証」と「高齢受給者証」を一体化します。

このため、令和3年7月まで交付されていたオレンジ色の「高齢受給者証」は令和3年8月から交付されなくなります。
8月から交付される保険証が、「下呂市国民健康保険被保険者証兼高齢受給者証」となり、保険証に2割または3割の自己負担割合が表示されます。